2008年1月16日 (水)

アンティークショップー完成ー

『時代屋の女房』の夏目雅子さんをふと思い出し、白いパラソルをベンチのそばに置いてみました。

「時代屋」は和骨董のお店でしたけどね~。

ブドウも吊下げました。

アンティークショップ、これで完成にしたいと思います。

全容については、MutukoのHP にアップしましたのでごらんください。

| | コメント (0)

2008年1月14日 (月)

アンティークショップ(25)

実はまだ仕上がってなかったんです、アンティークショップ。

前の制作日記は、なんと去年の3月で。

パーゴラの横にコスモスの鉢植えを置きたいと思っていました。

でも、粘土で作るか、パンチを使うか・・・・。どれでやっても上手くできそうになくて。

そして、思案しているあいだに素敵なキットが発売されたのです。完成までだらだら長引かせるのも、悪くなかったかも(笑)。

「紙造り」というキットです。

葉っぱや花の形に切れ目が入ったシートにアクリル絵の具で着色して

カッターで切り離します。

アートナイフや平たいピンセット(私のは押し花用)があると便利。

花びら、花芯、がく、葉っぱに、爪楊枝のとがっていないほうで丸みをつけます。

私の場合、パーチメントクラフトで使うエンボスマットやエンボスペンが役に立ちました。

ワイヤーに木工用ボンドで貼り付けていって出来上がり。

日記は一気に書いていますが、3日ぐらいかかりました。

| | コメント (2)

2007年3月 9日 (金)

アンティークショップ(24)

昨日作ったブドウのつるをパーゴラにからませました。

| | コメント (8)

2007年3月 8日 (木)

アンティークショップ(23)

「まだやってんの?」って言われそうなアンティークショップ。前回の日記は去年の9月でした。

お外に置いたパーゴラに、ブドウのつるを這わせようと思っています。

DDLカタログから苦労して手に入れたブドウの葉っぱのシート(写真のすみっこに写ってます)をアクリル絵の具で塗って、ワイヤーに貼り付けていきます。

つるに直接葉っぱを貼り付けるのではなく、なんとか「つる+茎+葉っぱ」にしたいと思い、馬原昌宏さん直伝の方法を試してみました。

1)フラワー用ワイヤー30番(中心になる長いつる)に、短く切った33番(私のは34番)裸ワイヤーを二つ折りにしたものをねじって留め付ける。(Gクリヤーで仮止め)

2)ねじった部分にエポキシ系ボンド(30分硬化タイプ)を塗って、表面をコーティングする。

3)2)が乾燥したら、上からアクリル絵の具のグリーンを塗る。

4)葉っぱを木工用ボンドで付ける。

やってみたところ、いちおう形にはなったんですが。

たぶん、2)と3)の作業が上手くいけば、ワイヤーのねじねじが消えて、1本のワイヤーに見えるのではないかと。で、「これ、どうやって作ったの~?」「えっへん」みたいな感じになるのかと。

思いましたが、私の場合はねじねじが消えませんでした~。ここまで手間をかける意味が全然ないの。

なので、結局Mutuko流でやったのがこれ↓

長い30番ワイヤーに短い30番ワイヤーを中心部だけねじって留め付け、葉っぱを貼り付けるだけ。(この文章ではわかりにくいですね。実演かプロセス写真でもないと。ごめんね。)

デキル方はぜひ馬原さんの方法を試してみてください。きっとスーパーリアルなつるができる(はず)。

| | コメント (2)

2006年9月 3日 (日)

アンティークショップ(22)

看板を作りました。

馬の絵はデカール、文字にはアルファベットマカロニを使いました。

マカロニを少しずつ出しながら、必要な文字を拾い上げていくのですが、Nだけがなかなか見つからず。結局、こんなにたくさんの中からやっとひとつ見つけ出しました。

アルファベット26文字・・・・すぐに揃いそうで、揃わないんですよ~。

| | コメント (2)

2006年9月 2日 (土)

アンティークショップ(21)

注文していたアクリルケースが届いたので、その大きさに合わせて土台を付けました。

最近気に入っているのが「A&Cペーパー」。自然素材がシートに貼り付けてあります。

「Orchid Cafe」では「スプルース」(木粉)という薄い色を使いましたが、今回は「紅茶」。本物の紅茶葉が貼り付けてあるらしく、香ばしい匂いがします。うふっ。

興味のある方はこちらで見てね。http://www.a-and-c.jp/

土台はこれでバッチリ!と思ったら・・・・

後ろが開きません。これじゃ、配線をいじれない・・・・。あちゃ~。

縁取りにしていたひのき棒を一部カットして、開くようにしました。

| | コメント (0)

2006年7月12日 (水)

アンティークショップ(20)

窓もなく殺風景なショップの右側に、ベンチとパーゴラを置いてみようと思いつきました。
(ベンチ好きなのよね。)

パーゴラはエクステリアのカタログを参考に設計してみましたが、ベンチに比べるとやや幅が狭かったみたい・・・・・。



土台を作って季節を決めたら、つる性の植物をはわせるつもりです。

| | コメント (0)

2006年7月 9日 (日)

アンティークショップ(19)

レジックス粘土でバラの花を作りました。

花瓶にさしたときの茎の長さのバランスが悪かったので、後で調整しました。

花瓶は市販のものです。マーブル模様がお気に入り。

| | コメント (4)

2006年7月 8日 (土)

アンティークショップ(18)

ステンンドグラスの窓を作りました。

ガラス用の絵の具「グラスデコ」や「グラスメイク」(ハマナカ) で輪郭を描き、プラモデル用のクリアカラーで色づけしました。

白い窓が3cm角

| | コメント (0)

2006年7月 7日 (金)

アンティークショップ(17)

刺しゅうのサンプラー額を作りました。

これまでは、7目/1cm(たぶん日本製の中では一番目が細かいと思います)の刺しゅう布を2本どりで刺していましたが、今回初めて、10目/1cmの布(ドイツ製)を1本どりで刺してみました。

アルファベットの部分は自分で考えてみましたが、使える目の数がごくわずかなだけに、むずかしかったです。字が不細工~。

| | コメント (0)