« ソーイング スタジオ(完成です。) | トップページ | イチゴの押し花 »

2008年4月18日 (金)

フルートレッスン

また、練習しないうちにレッスンの日が来てしまいました。

発表会の曲については、「もう、だいたいできてますから、大丈夫ですよ~。」と言われるものの、一番不安なのは、最後まで疲れを見せずに吹き通せるかどうか。

D.C(ダ・カーポ)で戻るときに、もうすでに息たえだえになっています~。

|

« ソーイング スタジオ(完成です。) | トップページ | イチゴの押し花 »

コメント

お、コメント一発目ゲット!なんてね。
私もバレエを習っていた時、レッスン中は
「来週こそは家で練習していくんだ!!」と
固く決意するものの、決意のままで次のレッスンを
迎えること多々あり・・・・

ま、意欲を保ち続けることのほうが大事かな?
なんてレベルの低い私です。
こちらのほうでも仕事が見つかり次第
バレエのレッスンを始めるつもりです!

同じフルート仲間として、またもやつながれてる
感じがしてうれしい私です。

ちなみに私が好きだった曲はモーツアルトの
メヌエットです。

がんばれー!

投稿: jane | 2008年4月19日 (土) 11時25分

Janeさんへ

そうそう、レッスンの帰り道では、「来週こそちゃんと練習してこよう。」って毎回決意するんですけどね。
雑用にまぎれて、フルートはいつも後回し。
発表会を機会に、気分を盛り上げたいものです。

Janeも、バレエの情熱を保ち続けているのですね!
お互いがんばりましょう~。

投稿: Mutuko | 2008年4月19日 (土) 15時01分

「Mutuko」 様

こんばんは。

 以前、「Salon Collina」(横須賀市湘南国際村)の井上昭史氏(「トレヴァー・ワイ」の訳者)のフルート・リサイタルのご案内をさせていただいた福嶋です。

 ご無沙汰していますが、お元気ですか。

 さて、また、来年(2009年)2月1日(日)(PM2:00~)に、「Salon Collina」(中西邸)で、井上氏のフルート・リサイタルを行います。(「Salon Collina」のHPには、まだアップされていないのですが、「Mutuko」様には一足先にお知らせいたします。)

 個人邸宅のサロンで開く少人数の会なので、終演後にお茶会も行ないます。

 よろしかったら、是非聴きにいらしてください。

 今回は、モダン・フルートとフラウト・トラヴェルソの両方をこなすハイ・アマチュアの愛好家の方が聴きに来ます。
 
 その時は、この人が秘蔵しているルイ・ロット(モダン・フルート)の4000番台の名器やロッテンブルグ(フラウト・トラヴェルソ)の(コピーではなく)オリジナルの楽器を持ってくると思います。(いずれも、フラウト・トラヴェルソを習っている有田正広氏から譲ってもらったのだそうです。)
 
 今回はお茶会も楽しくなりそうです!是非、演奏者や他の愛好家の方たちと親交を深められてはいかがでしょう。

 天気がいいと、相模湾全部と富士山や箱根がパノラマで見えます!

 もし、お越しいただける場合は、私への返信メールか直接「Salon Collina」(中西さん宅~11月いっぱいはベルギーに行っていて不在)へ電話してください。

 寒い日が続いています。風邪など引かないようお気をつけて。
 では、また。


 井上昭史 フルート・リサイタル
 2009年2月1日(日)午後2時開演
 「Salon Collina」(サロン・コリーナ)
 ¥3000

 (プログラム)
 ドビュッシー:月の光
 岡野禎一:おぼろ月夜
 バッハ:ソナタ(E-dur)
 オネゲル:めやぎの踊り
 ショパン:ノクターン(op.15-2, 0p72-1, 遺作)
 ゴーベール:二つのスケッチ(平原の夕暮れ, オリエンタ ル)
 カプレ:夢と小さなワルツ
 シューマン:3つのロマンス

 「Salon Collina」のHP:http://www.diana.dti.ne.jp/tmcjapan/Salon%20Collina.htm 
 井上昭史氏のHP:http://www.k4.dion.ne.jp/~fp.salon/concert.html
  
(井上昭史の略歴)
11歳よりフルートを始め、慶應義塾大学卒業
国内にて数度にわたりリサイタルを開催。
1979年 渡米 マルセル・モイーズ、ルイ・モイーズに師事。
ヴァイオリニストのブランシュ・オネゲルに室内楽を学ぶ。
1981年 渡欧 スイス、ヴィンタートゥアー音楽院にてコンラート・クレムに学ぶかたわら、チューリッヒにてアンドレ・ジョネに師事。
1982年夏 イタリア、アッシジでの音楽祭に室内オーケストラのメンバーとして参加。
同年秋渡英 ウィリアム・ベネット、トレバー・ワイ、ジェフリー・ギルバートに師事。
1984年 帰国 トレバー・ワイ フルート教本シリーズを翻訳刊行。

投稿: 福嶋 | 2008年11月30日 (日) 01時22分

福嶋さんへ

こちらこそ、ごぶさたしています。
今回は素敵なリサイタルのご案内をありがとうございました。
実は、今年の夏前より体調を崩しまして、今はフルートのレッスンンも残念ながらやめてます。
また体調が整い、再開できるときがくるといいのですが。
今回は伺えませんが、リサイタルのご成功を、影ながらお祈りしております。

投稿: Mutuko | 2008年12月 1日 (月) 11時06分

この記事へのコメントは終了しました。

« ソーイング スタジオ(完成です。) | トップページ | イチゴの押し花 »