« フルートレッスン | トップページ | 教育講演会 »

2008年4月19日 (土)

イチゴの押し花

イチゴを押し花にしているところです。

イチゴを半分にカットして中をくりぬき、細く裂いたティッシュペーパーを詰めます。

新聞紙、キッチンペーパー、メッシュ状の布を重ねたところに、うつ伏せに並べ、上からまたキッチンペーパー、新聞紙を乗せて、2kg程度の重し(雑誌数冊分)をします。

2~3時間ごとに、新聞紙とキッチンペーパーを新しいものに取り換え、半日たったら、乾燥マット(押し花専用の道具)にはさみかえます。

乾燥マットも時々新しいものにとり替えながら、2,3日したら出来上がり。

こうした方法でやれば、水分の多い野菜や果物も、押し花にすることができます。

でも、手間がかかるので、野菜や果物を押し花にするときには、遠くに出かけることができません。

今日も実は展覧会に出かける予定でしたが、小ぶりなイチゴが手に入ったため、予定変更~(笑)。

|

« フルートレッスン | トップページ | 教育講演会 »

コメント

(σo ̄)ホォホォ

以前きゅうりの押し花作品を見つけて衝動買いしてしまいました。(笑)

こうやって作っていたんですね。
手間がかかるというのはよく分かりました。


投稿: てると゜ | 2008年4月20日 (日) 05時08分

てるとさんへ

きゅうりも同じ方法で押します。
今も乾燥マットを取り換えながら押していますが、生のイチゴが徐々に押し花へと変化していくのが、すごく不思議で楽しいです(笑)。

投稿: Mutuko | 2008年4月20日 (日) 16時38分

へーーーーー!!
イチゴも押し花になるんだ!!
どうなるのかわくわくしちゃいます!!

部屋中イチゴの香りが~!!

投稿: yukarin | 2008年4月20日 (日) 17時40分

yukarinさんへ

そうなの、イチゴも押し花になりますよ~。
お楽しみに。
押し花にすると、香りが凝縮されて残るんですよ。

投稿: Mutuko | 2008年4月21日 (月) 22時01分

この記事へのコメントは終了しました。

« フルートレッスン | トップページ | 教育講演会 »