« おかゆ | トップページ | ソーイング スタジオ (仮組み) »

2008年2月 6日 (水)

新作に取りかかってしまいました。

作りかけのものが何点かあるので、今年はそれをきちんと仕上げようと思っていたのに、ふと浮かんだデザインを形にしてみたくなり、結局新作に取りかかってしまいました。

手持ちの9ミリシナベニヤをカットして、まずは床から。

マーブル模様の紙の表に透明ビニールシートを貼り、裏に工作用紙を貼って、2cm角にカットしてタイルを作りました。

約180枚をベニヤに貼り付けて出来上がり。

「ソーイング スタジオ」というタイトルで作るつもりです。

いわゆる仕立て屋さんではなくて、デザイナーのアトリエということで。

北欧っぽくモダンなデザインでいきたいな~と思います。

|

« おかゆ | トップページ | ソーイング スタジオ (仮組み) »

コメント

タイルの作り方‥‥こんなに簡単なんですね.
φ(*'д'* )メモメモ

壁材のタイルは焼き物で作れても床材は焼き物だと雰囲気が違いますものね。

参考になります。


投稿: てると゜ | 2008年2月 7日 (木) 06時30分

なるほどこんな方法があるんですね。
薄い紙でもこれなら床に使えますね。
新作3月展示用ですか。北欧いいですね。私も最近かもめの影響で北欧雑貨や家具にはまってます。
Mutukoさんのはどんなのかなぁワクワク♪

投稿: びんちゃん | 2008年2月 7日 (木) 10時12分

てるとさんへ

タイルの作り方はいろんな方法がありそうです。
今までは、1~2ミリ厚のひのき棒をカットして貼り、着色してから目地を入れていました。
この方法は手軽にできますが、固定した家具が倒れたとき、透明シールや白ボールがめくれて壊れるんじゃないかとちょっと心配。

投稿: Mutuko | 2008年2月 7日 (木) 16時47分

びんちゃんへ

見ていただき、ありがとうございます。
タイルもいろんな方法を試しています。
特に3月展示用ではないのです。思いつき制作(笑)。

北欧は、家具がシンプルで小物がカラフルなのが好きなんです。
自分の家は簡単に変えられないので、ドールハウスで楽しみたいと思います。
びんちゃんも新作がんばってね。

投稿: Mutuko | 2008年2月 7日 (木) 16時50分

この記事へのコメントは終了しました。

« おかゆ | トップページ | ソーイング スタジオ (仮組み) »