« きんかんの砂糖煮と「星の金貨」 | トップページ | ソーイング スタジオ (プランニング) »

2008年2月 9日 (土)

救急救命講習

長男の学校のPTAの学年研修で、救急救命講習を受けてきました。

内容は、心肺停止時の人工呼吸と心臓マッサージについて。

小学校のPTAで一度受けたことがあるのですが、もう何年も前ですっかり忘れているし、今回は新しく、AED(自動体外式除細動器)の使い方も教えてもらえるというので、参加することにしたのです。

講義と実習で3時間あまり。たいへんでしたが、とてもためになりました。

人工呼吸法や心臓マッサージは、消防署の方が実演してくださるのを見ていると、わかったような気分になるのですが、実際にやってみると、手順が抜けたり、間違った箇所を押さえたりと失敗も多くて、実習の大切さを実感しました。

今回聞いたお話でなるほどと思ったことは・・・・

救急車を呼んだときに、「心臓が止まっている」とか「呼吸していない」と言うと、救急車が到着するまでのあいだにすべきことを、電話で教えてもらえるそうで。

そのときにすぐに行動に移せるよう、電話は子機でかけたほうがよいそうです。

それから、大勢の人がいるときは「あなたは救急車を呼んでください。」「あなたはAEDを持ってきてください。」と個人を指名して頼むのがよいということです。

「誰か救急車を」という言い方だと、誰も呼んでくれないか、複数の人が119番通報して混乱するか、どちらかになってしまうから。

今の時代は、路上で人が倒れても、助けるどころか素通りする人も多くて残念だけれど、それはある程度やむを得ないことだと思って、家族や身近な人が倒れたときには、後で後悔しなくても済むように、できるだけの処置をしてあげてください、とのことでした。

また、AEDを使うのは、怖くてむずかしいことだと思っていましたが、スイッチを入れるだけで音声でナビしてくれるし、決してむずかしいものではないことがわかりました。

|

« きんかんの砂糖煮と「星の金貨」 | トップページ | ソーイング スタジオ (プランニング) »

コメント

何度か講習に行った事あるけど、それっきりになっているので
実際にはきっと何もできない自分がいそうです^^;
毎年きちんと講習会に行かないとだめだな・・・・
今年はまじめにマンションで行われる消防講習会(救命講習もある)に出よう!と思ったyukarinでした・・・・・

投稿: yukarin | 2008年2月10日 (日) 18時06分

yukarinさんへ

私も講習を受けたのはずいぶん前だったので、すっかり忘れていました。
これからも機会あるごとに受けていこうと思います。
こういう講習って、実際出る人は少ないですが、大事ですよね~。

投稿: Mutuko | 2008年2月10日 (日) 21時05分

この記事へのコメントは終了しました。

« きんかんの砂糖煮と「星の金貨」 | トップページ | ソーイング スタジオ (プランニング) »