« パーチメントクラフトレッスン(スノードロップのカード) | トップページ | 初仕事のはずが・・・・ »

2008年1月 7日 (月)

クラシック漬け

この年末年始は、NHKの年越しクラシックやウィーンフィルのニューイヤーコンサート、ニューイヤーオペラコンサートなどの音楽番組を片っ端から録画して観ていたので、クラシック音楽漬けになっていました。

シンフォニー(交響曲)やコンチェルト(協奏曲)などの大曲は、CDだと音量の幅が広すぎて、pp(ピアニシモ)は聴こえないし、ff(フォルティシモ)は大きすぎ。快適に音楽を楽しむことがとてもむずかしいのです。

なので、ふだんはあまり聴かないんですが、TVだと不思議に音量の面で聴きやすいことに気付きました。CDとTVではダイナミクスの幅が違うんでしょうか。

まあ、それはさておき。

クラシック漬けのラストを飾ったのは『のだめカンタービレSPinヨーロッパ』でした。

連続ドラマが終わったときから、フランス留学編ができればいいのにとずっと思っていたので、スペシャルで実現してうれしい!!しかも2日間にわたる豪華スペシャル(笑)。

1日目はコミカルな場面が多くて笑ってばかりでしたが、2日目の後半はかなりシビアに音楽の問題を追及していました。

千秋ものだめも、ヨーロッパで、実力のあるたくさんの音楽家に出会い、焦りを感じて自分を見失ってしまいますが、その苦しみの中から、自分だけの音楽をつかみ取っていく様子が描かれていて、感動的でした。

これまで、本能と感覚だけで音楽をつかんでいたのだめが、アナリーゼ(楽曲分析)の大切さに気づき、作曲家と楽曲に真正面から取り組んでいくところに非常に共感しました。

|

« パーチメントクラフトレッスン(スノードロップのカード) | トップページ | 初仕事のはずが・・・・ »

コメント

 おぉ『のだめカンタービレSPinヨーロッパ』のお話しをしようとやって来たら、タイムリーにのだめが・・・
久々に面白かったので、連ドラもまた見たいなぁと思っていたら、昨日から再放送でした^^//
思わず録画してまた見ちゃいました。
 のだめなら2も見て見たいなぁ。

そろそろ新ドラマが始まりますねぇ。今回はどれが面白いかなぁ。

クラッシックは有名なものしかわかりませんが、年末クリスマスコンサートでハンドベルやオーケストラ・オペラの共演を見ました。生演奏はやっぱり素敵ですね。
でも一人で大音量のCDもいいなぁ。近くにオーケストラがいるようで。でも近所迷惑なので運転の時にたまにやってます。

投稿: びんちゃん | 2008年1月 8日 (火) 09時23分

びんちゃんへ

びんちゃんも、のだめSP観られたのですね。
連ドラもよかったけど、SPはさらにパワーアップしてた感じ。
そちらでは、再放送が始まったのですか!
こちらでは、年末にまとめて放送してましたけどね。

新ドラマ、香取くんの「薔薇のない花屋」とか、伊藤美咲ちゃんの「エジソンの母」とかはどうかな?
楽しみです。

クリスマスコンサートでハンドベルやオペラなんて素敵!
生はぐっときますよね。
CDで大音量!車で聴くのですか。
家だと思わずボリュームしぼっちゃって、つまんないのよね~。

投稿: Mutuko | 2008年1月 8日 (火) 12時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パーチメントクラフトレッスン(スノードロップのカード) | トップページ | 初仕事のはずが・・・・ »