« つくばい | トップページ | ドールハウス教室(2007/10/11) »

2007年10月10日 (水)

SINGERミシン

ドールハウス教室に来られている生徒さんで、私の母に近い年齢(70代)の方がおられるのですが、今日はその方のお家におじゃましてきました。

お部屋に通されて最初に目に留まったのは、リビングの隅に置いてある足踏みミシンでした。うす紫の素敵なSINGERミシン(国産のものだそうですが)

「古いものを大事に残しておられるんですね~。」と言うと、「古くないですよ。昭和38年です。」と。

このミシン、バリバリの現役で、まだ使用中でした。古いだなんて失礼なことを言ってしまったのかもしれません。

あるとき、調子が悪くなって、メーカーに電話して修理を頼んだところ、工具も持っていない若い女性が来て、新品のカタログを置いていったそうです。

結局、先代からミシン屋さんを営んでいる知り合いの人に来てもらったら、針が曲がって付いていただけだったそうで。

まあ、今の時代だから仕方ないとは思いますが、私も古いものを修理しながら長く使うのが好きなので、そういう話を聞くと、とても残念に思います。

製造年と型番から、名機でなかなか壊れないことがわかったそうですが、持ち主に大事にしてもらって、このミシンも幸せものだな~と思いました。

|

« つくばい | トップページ | ドールハウス教室(2007/10/11) »

コメント

今2台のミシンがあるのですが、さすがに足踏みではありません。
最近のミシンは目の前のボタンを押すんです。
これはなかなか馴染めません。

足踏みのコントローラーが一番使いやすいんです。
この方法は電動ロクロと同じです。

蹴りロクロは足踏みミシンと同じなのですが、素人には難しいと思います。
でも使いこなすと味のある物ができるんですよね。

便利さは味を消しているような気もします。

投稿: てると | 2007年10月10日 (水) 18時26分

昭和38年でしたらまだまだ使えますよ!私より4歳も年下ですし・・・(爆)!!

・・・・物を大切にされる気持ち、見習わなければいけませんね。。。「工具を持たずに機器のメンテナンスをするお方」凄すぎます!!!

投稿: lamer中島 | 2007年10月11日 (木) 01時00分

あー、このミシン!
実は、うちの実家も、こういうミシンです。
実家のは、箱型で、ミシンを収納すると、
中に何が入っているのか、分かりません。
ミシンをかけるには、まず、ベルトを、
下の大きな車輪にかけるところから、始めます。
親いわく、大きいので、凄く邪魔らしいけど、
ここまでくると、捨てるのがもったいないですよね。
ちなみに私は、学生時代、このミシンに慣れていたので、
電動ミシンが、怖くて使えませんでした。笑。

足踏みといえば、私の小学生時代、
糸鋸も、足踏みでした。笑!

投稿: Koto | 2007年10月11日 (木) 13時47分

いいミシンです。お持ちの女性も素敵みたいですね。
うちは仕事がらミシンだらけです。 昭和50年以前のミシンはクランク、カムなどほとんどが鋳込製ですから針目もしっかりして100年は使えますもんね。生徒のミシンは僕が修理しています。今のミシン販売店は知識ないです。

こんなに大事に使っていただいてるミシンは感謝してる事でしょう。

投稿: ザカリ | 2007年10月11日 (木) 20時47分

てるとさんへ

ボタンでスタート/ストップや速度調節をするのは、肝心なときに手を放さなくてはいけないので、私も使いにくいと思います。
「細かいところを縫うには足踏みが一番なのよ。」と持ち主さんも言っていました。

蹴りロクロ、前に通っていた陶芸教室にありました。
私は手びねりしか経験していないので、見ていただけですが。
これもミシンと同じく、使いなれた人には電動よりもいいんでしょうね。

「便利さは味を消していく」いろんなことに当てはまりそうです。

投稿: Mutuko | 2007年10月12日 (金) 13時58分

lamerNさんへ

お久しぶりです。コメントありがとうございます。
そうそう、私にとっても、このミシンは年下です(笑)。

工具を持たずに来られたのは、技術者ではなく、きっと営業職の方だったんでしょう。

投稿: Mutuko | 2007年10月12日 (金) 14時01分

ザカリさんへ

いいミシンと言っていただけて、私もうれしいです。
「100年は使える」持ち主さんも全く同じことを言っておられました。

うちの実家にも足踏みミシンがありますが、だいぶ前にボディだけ残して電動に変身させられています。
(プラスチックの台に黒い金属のミシンが乗っていて、なんだか妙な感じになっています。)

ザカリさんのように、修理もできる人だと、「古いものを長く大切に」使うことができそうですね。

投稿: Mutuko | 2007年10月12日 (金) 14時06分

Kotoさんへ

お返事の順番をまちがえました。ごめんね。
わ~、もしかしてKotoさんの実家には、まだ足踏みミシンがあるのかな。素敵~。

足踏みミシンに慣れて電動が怖いというのは、よく聞きます~。。
私も、中学や高校の頃から洋裁のまねごとが好きで、母の足踏みミシンもよく使っていました。
でも、あまりに頻繁に借りるものだから、高校のときに私専用の電動ミシンを母が買ってくれたのですよ~。
それ以来、電動ばかりですでに3台目。
電動ミシンも、テーブルの上に置いてフットコントローラー(別売りだったりしますが)を使うと、操作しやすいですよ。

投稿: Mutuko | 2007年10月12日 (金) 14時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« つくばい | トップページ | ドールハウス教室(2007/10/11) »