« 『芦屋交響楽団 東京公演』 | トップページ | 第1回 美術検定 »

2007年10月28日 (日)

それは無理です。

昨日のコンサート会場で、おかしな体験をしました。

自由席のため、早めに会場に入って席についていたのですが、となりには、中年女性がひとりで3つの席を確保していました。後から来る仲間のためでしょう。

その人が私に、自分は席を離れるから、そのあいだ3つの席を「押さえて」いてほしいと言うのです。私は、誰か別の人が座りそうになったら声をかけるとか、その程度のことだと思ったのですが、どうもそうではないらしく、立ち上がるとバタンと上がるタイプの座面を、文字通り「押さえて」いてほしいとのことで。

「はあっ?・・・・・・」

そんなことをしなくても、上がった座面の上にハンカチか何かのせておいたらどうかと提案したのですが、納得いかないらしく、その人は、そばに立っていた案内係の人に同じことを頼んでいました。

でも、係の人からも断られたみたいで、結局3つの席に何かしらを置くことになり、私も自分のコートを掛けたりして、いちおうの協力はしました。

どう考えたって無理なことを、どうして人に頼むんでしょうか。しかも全然知らない人にですよ。アンビリーバボー。

後から、自分のも含めて4つの席を、体を張って守る自分の姿を想像してみました。

1)まん中のふたつの席の境目に座り、腕を広げて両側の席を押さえる私。

2)席の前にしゃがみこんで、肘を張って4つの席を押さえる私。

3)腕を伸ばして横に寝そべって、4つの席を押さえる私。

・・・・不毛な妄想でした。・・・・

|

« 『芦屋交響楽団 東京公演』 | トップページ | 第1回 美術検定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『芦屋交響楽団 東京公演』 | トップページ | 第1回 美術検定 »