« 早く制作したいよ~。 | トップページ | それは無理です。 »

2007年10月27日 (土)

『芦屋交響楽団 東京公演』

今日も現実逃避しています。前から決めていたスケジュールですけどね。

高校ブラスと大学オケで一緒だった友人が、卒業後もアマチュアオケで活動を続けていて、その演奏会が初めて東京でも開かれるというので、聴きに出かけました。

演奏会の正式名称は「芦屋交響楽団 創立40周年特別演奏会Ⅱ・東京公演」

会場は、池袋の東京芸術劇場です。

本人には会えないと思っていましたが、開場待ちの列を整理する係をされていたおかげで、20年ぶりの再会を果たすことができました。

学生時代とちっとも変わらなくて、元気そうで何より。

向こうも第一声が「すぐわかった~。」だったので、こちらもちょっと安心?(笑)

せっかく早く行って並んだのに、入口でバッグに入れていたチケットを見失い、ごそごそ探す羽目に。かっこわる~。でも、見つかってヨカッタ。

悪天候にもかかわらず、大ホールの席は徐々にうまっていき、最後は満席になりました。ちょっとびっくりです。

団員は100名を超え、海外公演などもされている本格的な楽団なのですね~。

演奏は、全体に明るく情熱的で迫力があり、メリハリが効いてました。

みなさんお仕事の傍ら、練習には苦労なさっているようですが、難しいソロもたくさん出てくる難曲に挑んでおられ、非常に頼もしい演奏でした。

指揮の松尾葉子さん、かっこよかった!

お客様の反応もすごくよくて、ブラボー!の声とともに大拍手。アンコールを聴かずに帰る人が誰ひとりいなかったのが印象的でした。

何よりも、ひとつの楽器に愛と情熱を傾けて、30年以上も吹き続けている友人に拍手を送りたいと思いました。

お疲れ様でした。

<プログラム>

リムスキー=コルサコフ:スペイン奇想曲 作品34

芥川也寸志:オーケストラのためのラプソディ

チャイコフスキー:交響曲第4番 ヘ短調 作品36

指揮/松尾 葉子

|

« 早く制作したいよ~。 | トップページ | それは無理です。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 早く制作したいよ~。 | トップページ | それは無理です。 »