« フルートレッスン(34) | トップページ | 学校祭 »

2007年10月 6日 (土)

Henryくんが来ました!

Henry(ヘンリー)くんをご存じですか?

イギリス生まれの掃除機、もとは業務用だったそうですが。

今日、わが家にもそのHenryくんがやって来ました~。

宅配便のお兄さんもニコニコ笑顔でした♪

赤・青・黄・緑があるのですが、私が選んだのは緑。

全体はこんな感じです~。

Henryくんのことは、だいぶ前に、知り合いの さっちょんさんのブログ で知ったのですが、掃除機を買い替えるときには検討してみようと思っていました。

掃除機って、数千円から10万円近くするものまで、値段の幅がすごくありますよね。機能も形もいろいろだし。

でも、リサーチしてみても

デザインが素敵で、コンパクトで、吸引力が強くて、排気がきれいで、お手入れが簡単で、音が静かで、お手ごろ価格でetc.・・・・

全部を満たす製品なんて、ないんですよ~。

結局、その中のどれを優先するかってことで、面倒なお掃除が苦痛でなくなるような、かわいいデザインのものを選ぶことにしました。業務用だったなら吸引力は心配なさそうですし。

Henryくんの造りは想像以上にシンプルでした。

ステンレス製のホースはつなぐだけ。つなぎ目に着脱用のボタンはありません。

ボディが大きくて、ホースやコードが長い~。

(コンセントを差し替える必要なさそう。持ち運ぶには重いけど、キャスターはスムーズで意外と軽いです。パイプも長いので、腰をかがめずにお掃除できます。ホースはやや長すぎ?)

音は思ったより静か。よかった~。

(今使っているもう1台の掃除機が、実はすごくうるさくて悩みの種だったのです。)

黒い頭の部分をはずして、紙パックをセットします。

(頭の部分、重っ。紙パックが大きいです。)

ノズルを替えないと、カーペット掃除は無理?(私の使い方がまちがっているのかしらん。)

コードリールは手動の巻き取り式。(なつかしい感じ。笑)

あ、なんだか「暮らしの手帖」みたいになってしまいましたが。

これからのお掃除の強い味方になってくれそうです。

収納するための「Henry House」というお家もあるのですが、置き場所が広くないとだめそうなので、断念。

Henryくんは、今、日本橋三越で開催中の英国展に出品されているそうです。

実物を見たい方はぜひ足を運んでみてね。(展示会場での販売はないそうです。)

HenryくんのHPはこちらhttp://henryhouse.jp/

       ブログはこちらhttp://henry-house.cocolog-nifty.com/blog/

*「Mutukoの日記」はアフリエイトではありません。

|

« フルートレッスン(34) | トップページ | 学校祭 »

コメント

お掃除が楽しくなりそうですね。可愛すぎます~。
コンセントを差し替える手間が無い所が又いいですね。
私は毎回2回は差し替えているのですが、コードの長さを気にしないで掃除機をかけてしまい、コードが抜けてしまう事も時々やってます。

投稿: さっちょん | 2007年10月 7日 (日) 00時21分

Henryくんって本当に可愛いですよね~
始めてみたときに『欲しい!!!(*・・*)』と思ったのですが一家に2台掃除機は要らない。。。のであきらめざるを得ませんでした(^^;)だんなに言っても即!却下間違いない!
ちなみに私は赤い子が欲しいです(^m^)

投稿: のんのん | 2007年10月 7日 (日) 06時20分

さっちょんさんへ

さっちょんさんのおかげで、Henryくんと出会うことができました。
ありがとうございます。
掃除機って、コードが届かないことを知っていながら、ついつい進んでしまうことがありますね~。

投稿: Mutuko | 2007年10月 8日 (月) 05時58分

のんのんさんへ

うちの場合、1階と2階で別々の掃除機を使っているので、どちらかが壊れたときが買換えのチャンス。
うちも、実物を見せて相談したら、却下だったかも。
「ちょっといい掃除機がほしいんだけど。」って通しちゃいました~(笑)。

Henryくんは、やっぱり赤いのが一番人気みたいですよ。
私のは一番人気の低い緑・・・・。

投稿: Mutuko | 2007年10月 8日 (月) 06時03分

こんにちは。Henry Houseと申します。
このたびはヘンリーをお迎えいただき、ありがとうございます。
とってもとってもうれしいです。

掃除機は価格も機能・性能もまちまちです。
もちろん、Henryがすべてではありませんが、
幸せな気分にさせてくれるのは彼だけかもしれません。

ずっとずっと大活躍してくれることを願ってます。

ヘンリーのことを書きすぎると宣伝になってしまいそうですので、
このくらいにしておきます^^。

それでは英国展に行ってまいります。

投稿: HenryHouse | 2007年10月10日 (水) 11時24分

Henry Houseさんへ

ようこそ~。
このたびはお世話になりました。
コメント入れていただき、ありがとうございます。

ヘンリーくんとダイ○ンがアナログとデジタルぐらいちがうと言われたこと、実物を見て使ってみて納得しました。
末永く大切にしたいと思います。

またそちらのブログにもおじゃましますね。
英国展、お疲れ様です~。

投稿: Mutuko | 2007年10月10日 (水) 16時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フルートレッスン(34) | トップページ | 学校祭 »