« 夕方から | トップページ | 言うてることが違うやんか »

2007年8月26日 (日)

修復

今日は復活でも再生でもなく、「修復」に取り組んでいます。

「修復」も実は好きな言葉です。

『冷静と情熱のあいだ』の影響もあって、レスタウロ(絵画修復師)は憧れの職業でもあります。

話がそれましたが、修復したのはこちらです~。

次男が小学3年生ぐらいのとき、夏休みに一緒に制作したログハウス。

屋根瓦をバルサで作ったために弱くて、ところどころ割れています。

おまけに、掃除機をかけているときに落してしまい、脚部もバラバラに~。

先日買ったスクレーパーで、傷んだ瓦をはがして新しい瓦を貼り付け、脚部もボンドでくっつけました。

で、修復後がこちら↓無事直ってよかった~。

玄関のスリッパラックの上に置いています。屋根をとりはずすと小物入れになっているので、宅配便用の印鑑やボールペンを入れています。

光センサーがついていて、人の影がよぎると鳥が鳴くので、お客様にも人気。

思い出の作品がきれいになって、次男もちょっとうれしそうでした。

|

« 夕方から | トップページ | 言うてることが違うやんか »

コメント

自分の作品も輸送などで壊れているんですけどなかなか修復できないでいます。
どこかで展示するなんて言う話がこなければ手が出ません。(笑)

子どもの作品なら直していたか‥‥(*'へ'*) ンー

答えられないのが寂しい(爆)

投稿: てると゜ | 2007年8月27日 (月) 06時12分

てるとさんへ

私も自分の作品で壊れたままのものがあります。
輸送のせいもありますが、経年劣化も。
猛暑で、熱に弱い接着剤がはがれてくることもありますし。

でも、修理や修復は結構手間と時間がかかるので、ついつい後回しになりますね~。
新しい作品に取り組むほうが楽しいし(笑)。

投稿: Mutuko | 2007年8月27日 (月) 13時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夕方から | トップページ | 言うてることが違うやんか »