« フルートレッスン(24) | トップページ | 「女子高生リカちゃん」 »

2007年4月21日 (土)

中2保護者会

今日は次男の学校に行ってきました。

学年の全体会はなくて、クラスで先生のお話を聴くのみ。

担任の先生は「体格がよくて、やさしそうな」方だと、子どもからは聞いていたのですが、それに加えて、バリトンの効いた声で、とうとうと語る語る・・・・・。先生自身の生い立ちから教育方針、奥様やお子さんの話まで、すっかり引きこまれてしまいました。

「自宅の電話は、24時間対応いたします。」という熱心なお姿に感服。1年生のときの若い女の先生も、とても生徒思いの熱心な先生でした。今の時代にも、こんな先生達がちゃんといてくださることに、感謝です。

実は、先生のお子さんが去年からいじめにあっているらしく、担任も学校も逃げ腰で何もしてくれないと、嘆いておられました。お父さん(先生ご自身)の奮闘のおかげで、一部は解決したとのことですが、まだ完全にはやんでいない様子。いじめられているご本人のことを思うと、胸が痛みます。

そういえば、先生の幼いときの苦労話を、「いつの時代や~」と思って聞いていたら、なんと自分と二つしか年が違わなかった・・・ショック。

次男は学級委員(1クラスに5人もいる!)になっていました。立候補したみたい。家ではおとなしい子なので、意外でした~。

|

« フルートレッスン(24) | トップページ | 「女子高生リカちゃん」 »

コメント

苛めの話は人の話でも心が痛みますよね。そういう先生だからこそきっと、家庭と仕事の両方を頑張りすぎて息が短くなりかねない、、、先生にお世話になる生徒さんたちがいい子ばかりだったら、きっと自分の担当する教室が憩いになるかもしれないですね~
そんな一役をMutukoさんの息子さんは担うんじゃないかな~って、立候補するやる気がなんだか輝いて見えるようです^^*

投稿: ばにゑ | 2007年4月22日 (日) 07時18分

ばにゑさんへ

いじめの話は本当にいやですね。
熱心な先生だけに、貼りつめた空気を感じたのは確かです。
中2という学年を考えると、平穏無事に過ごせそうにはないので、子どものクラスでも、これからきっといろいろなことがあることと思います。
だから、このクラスが憩いになるかどうかはわかりませんが。
いい1年間でありますように。

投稿: Mutuko | 2007年4月22日 (日) 09時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フルートレッスン(24) | トップページ | 「女子高生リカちゃん」 »