« 『オルセー美術館展』 | トップページ | 『オルセー美術館展』(3) »

2007年4月 6日 (金)

『オルセー美術館展』(2)

ドールハウス的発想の面白い絵だなと思ったのが、これ。

フレデリック・バジール「バジールのアトリエ、ラ・コンダミル通り」 1870年

バジールのアトリエに印象派の芸術家たち(モネ、マネetc.)がつどっているところ。コンクールで落選した絵をわざと描いていて、印象派の絵を受け入れなかった当時の画壇への批判がこめられているそうです。

|

« 『オルセー美術館展』 | トップページ | 『オルセー美術館展』(3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『オルセー美術館展』 | トップページ | 『オルセー美術館展』(3) »