« 『幸せのちから』 | トップページ | ドールハウスショップ(2) »

2007年2月11日 (日)

1枚~2枚~

教室の見本用にと、お皿を作り始めたら、止まらなくなってしまいました~。

手順が単純なわりに、目指す形(凸凹のない完璧なお皿!!)になかなかならないので、1枚、もう1枚と作っているあいだに増えていっちゃうんです~。

最後は、白い絵の具を練りこんだ粘土を使い切ることが目標となり(笑)、このような結果に。保存しておいて、使うときに、やすりをかけたり絵付けしたりしま~す。

樹脂粘土コスモス使用。

|

« 『幸せのちから』 | トップページ | ドールハウスショップ(2) »

コメント

目指せ完璧!(笑)

でも電動ロクロでも使わない限り難しいのではないでしょうか。

厚みが違うと乾燥途中で変形しますからね。
ろくろ倶楽部が使えようになればいいのですが。
でも、樹脂粘土コスモスが挽けるかどうかという問題もあります。
ミニチュアフードで使う樹脂粘土だと粘りが強過ぎて使えませんでした。
(〃´o`)=3 フゥ

投稿: てると゜ | 2007年2月12日 (月) 08時04分

てるとさんへ

「完璧」という言葉にお笑いになったわね(笑)。

「ろくろ倶楽部」いいものが出ましたね~。ほすぃ~~。
コスモスには使えないと思いますが、オーブンで焼く陶芸粘土でろくろを回してみたいです。

器は手作りだとどうしてもゆがむから、既製品を使ったほうがいいという意見と、せっかくフードを手作りするなら、器も手作りのほうがいいという意見、作家さんにも両方あります。
どちらの意見がいいか決めかねるので、そのときの作品によって、私はいろいろです。

投稿: Mutuko | 2007年2月12日 (月) 14時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『幸せのちから』 | トップページ | ドールハウスショップ(2) »