« 区民文化祭(搬出) | トップページ | プチリフォーム(6)和室工房化計画達成! »

2007年1月25日 (木)

市販品か手作りか・・・・

文化祭で展示してみて感じることは、食べ物や花などの粘土小物が、市販品を置いただけのように見られることが多いということです。

今回、そのために制作過程のパネルなども作ってみたので、それを見た方には手作りだとわかっていただけたようなんですが。

ハウスや家具は木でできているので、手作りということは理解しやすいようです。

粘土が理解してもらいにくいのは、まず素材の問題があるようです。

一般に、粘土というと紙粘土を思い浮かべる方が多いので、そこから本物そっくりの食べ物etc.ができるとは考えにくいですよね。まずは、のびがよくて細かい細工が可能な樹脂粘土の存在を知っていただくことが必要なのかも。

それから、上手くできすぎると、手作りと信じてもらえないことがあります(笑)。今回、ダイニングテーブルにハンバーグやエビフライなどの洋食メニューを並べて展示されたKotoさんの作品がそうでした。

「売っているものは精巧だ」という考え方が一般にはあるようです。

でも、量産品のミニチュアには、出来のひどいものが多々あって、こんなものだったら、市販品より手作りのほうがずっと精巧だという事実、これをみなさんに知ってもらいたいものです~。

|

« 区民文化祭(搬出) | トップページ | プチリフォーム(6)和室工房化計画達成! »

コメント

そうですね~・・・
わたしもミニチュア、ドールハウスをもっと皆さんに知っていただきたく雑貨コーナーのスペースを少しづつミニチュア&ドールハウスのギャラリーにしていこうと思ってます(^-^)

投稿: のんのん | 2007年1月25日 (木) 23時54分

ミニチュア自体が まだまだマイナーだから誤解とか認識不足なことが多くて寂しい思いをすることがよくありますよね。
あと 販売でも「小さいのにこの値段?!」って言う人と
「これだけ精巧なのに 安すぎるんじゃない?」って言ってくれる人。
もっとたくさんの人に ミニチュアのことをちゃんと知ってもらいたいですよね。

投稿: つきつき子 | 2007年1月26日 (金) 00時30分

文化祭お疲れ様でした。こちらではなかなか、たくさんのドールハウスを見るところが無いので、写真でも見られて幸せです。
なるほど、確かに一般的には粘土は紙粘土や油粘土しか思いつかないかも。
私達はわかるんですけどねぇ(井の中の蛙状態)
でも、今回は本当パネルがあったからわかりやすかったでしょうね。何回も展示していらっしゃるMutukoさんだからこその発想ですね。
ただし、私が食べ物作ると逆の意味市販品より凄いです(笑)

投稿: びんちゃん | 2007年1月26日 (金) 09時56分

のんのんさんへ

レストランにミニチュアやドールハウスのギャラリーがあるなんて素敵ですね!
ドールハウスの専門店がほとんどない今、こんなふうに別の業種のお店の一部に飾っていただけるところがふえるといいですよね。
いつか見せていただくのを楽しみにしています。

投稿: Mutuko | 2007年1月26日 (金) 11時53分

つきつき子さんへ

つきつき子さんは、作品展を開かれたり、いろいろな場面で展示や販売をされているので、ミニチュアの世界を理解していただけない場面に突き当たることも多いでしょうね。
そうそう、値段もそうですね。
人件費を抑えた量産品が出回っている今、手作りの技術力や手間をわかっていただくのは本当にむずかしいです。

投稿: Mutuko | 2007年1月26日 (金) 11時58分

びんちゃんへ

文化祭はたくさんのお客様に見ていただけるので、とても楽しいです。
作品写真、見ていただいてありがとうございました。
制作過程は子どもの工作のようなパネルですが、今回はそれを展示したことで、初歩的な質問をされることがぐっと減りました。よかったみたいです。

最後の1行、効きました~(笑)。
私もね、実はそうなの。

投稿: Mutuko | 2007年1月26日 (金) 12時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 区民文化祭(搬出) | トップページ | プチリフォーム(6)和室工房化計画達成! »