« 早くもUターン | トップページ | フルートレッスン(18) »

2007年1月 4日 (木)

実家で見つけた「昭和」

実家の台所で、懐かしいモノを発見しました。私が子どもの頃の魔法瓶です。

←「象印魔法瓶」 なんと1921年の製品です。

母がこれを購入したのは、たぶん1950年以降だと思うんですが、あの頃は同じ型式で長く製造されていたんでしょうか。

納戸にしまっていたのを最近取り出してきて、今は豆を一晩漬けておくのに使っているそうです。現役復帰、すごいなぁ。

|

« 早くもUターン | トップページ | フルートレッスン(18) »

コメント

明けましておめでとうございます^^
長らくご無沙汰してましてすみません~(^^ゞ
今年もどうぞ宜しくお願いいたします♪

昨年後半は本当にごたごたと忙しく、体調を崩したりで散々でしたが、今日やっと徘徊中です(笑)
胃カメラの時の素早い反応(カキコ)はさすがMutukoさんでした(笑)
やっぱり経験者は気持ちを早く理解してくれますね~♪
もう少ししたら検査結果出ると思いますが、なんだか怖い感じです~~!

日記をゆっくりさかのぼって読ませてもらいます~♪

投稿: ばにゑ | 2007年1月 4日 (木) 12時58分

ばにゑさんへ

おめでとうございます。
こちらこそ、今年もよろしくおねがいします。

ほんとにばにゑちゃんたら、追突されて、胃にポリープできちゃって、たいへんでしたね。
ポリープはうちの義兄もたくさん持っています。激務のサラリーマンらしくて。
たいていの人は大丈夫なので、きっとばにゑちゃんも大丈夫だと思いますが、くれぐれも大事にしてくださいね。

投稿: Mutuko | 2007年1月 4日 (木) 14時09分

魔法瓶1921年は大正10年です・・・すごい発見です。

投稿: 仙太 | 2007年1月 4日 (木) 19時18分

仙太さんへ

よく考えてませんでしたが、1921年は昭和ではなく大正でしたか~。
今、象印マホービン(株)のHPを見たら、創業が1918(大正7)年でした。
ほんとに初期のポットなんですね。

投稿: Mutuko | 2007年1月 4日 (木) 21時05分

1921年製造のポットを1950頃に購入?
これは無理がありますよね。

となると、1921年の形式で製造が1950年頃でしょうか?

このようなポットも居酒屋さんのお湯割り用で活躍中です。
息の長い商品なのでしょうね。

投稿: てると゜ | 2007年1月 5日 (金) 08時41分

てるとさんへ

そうですね。
てるとさんの言われるとおり、1921年モデルということかもしれません。
居酒屋さんにありそうですね♪

投稿: Mutuko | 2007年1月 5日 (金) 11時05分

今年もよろしくお願い致します♪ *^_^*

”昭和”という響きだけで、癒されました。
当時は、これこそ”魔法の瓶”だったんですよね!!

投稿: きの. | 2007年1月 5日 (金) 11時46分

きのさんへ

こちらこそ、今年もよろしくおねがいします。
母がモノ持ちがいいため、実家には昭和がいっぱいです。
そうですね、「魔法瓶」とはよく言ったものです。

投稿: Mutuko | 2007年1月 5日 (金) 18時23分

Mutukoさん、謹賀新年で~す! 
今年もよろしくお願いいたします!
お母さま、お元気でなによりですねぇ。
魔法瓶、わたしの実家にも昔同じようなのが
あったような気がします。
多分、昭和時代の製造だと思いますが。
昭和の時代ってあったかくて懐かしいですよねぇ。
・・・でも、それだけ昭和が遠くなっちゃったって
ことなのでしょうか・・・ネ(涙)

投稿: Pua Nani | 2007年1月 5日 (金) 19時56分

Pua Naniさんへ

は~い、謹賀新年~~~~(笑)。
こちらこそ、よろしくおねがいします。
Pua Naniさんの実家でも、魔法瓶、健在ですか~。
今はステンレスポットや電気ポットですもんね~。
そうですね、昭和はどんどん遠くなる感じ。
ちょっと前までは、懐かしがるもんでもないでしょ、って思ってましたけどね。

投稿: Mutuko | 2007年1月 5日 (金) 21時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 早くもUターン | トップページ | フルートレッスン(18) »