« ブラックホール | トップページ | 隣のサンタさん♪ »

2006年12月24日 (日)

サンタクロース♪

「サンタの秘密を知りたいなら教えてあげてもいいけど、それを知った子にはもうサンタが来ないんだよ。それでもいいのかい?」と父親が言い続けたせいでしょうか。

うちの子はかなり長い間、サンタクロースを信じていました。信じているというよりは、半信半疑の期間が長かったような感じなのですが。

サンタの秘密が決定的にあばかれたのは、長男が受けた英検の試験でした。

「私は私の両親がサンタクロースであることを知っている。」 I know that ~関係代名詞の例文だったのでしょうか。

そのショックで試験はボロボロ・・・・だったかどうかはわかりませんが(笑)、夢のない試験ですね~。

大学で習った発達心理学では、サンタを信じなくなる年齢は9歳。これは、夢と現実の区別がつく年齢として、重要な発達の節目と考えられています。中学生になってもサンタを信じていたうちの子って、やっぱりかわいい。

今年は役目のないわが家のサンタさん、酔っ払って早々眠りこんでしまいました。

これを書いていて、大好きなノーマン・ロックウェルの絵を思い出しました。「ディスカバリング サンタ」(サンタ発見)・・・・絵はこちら↓で見られます。

http://frangelico.co.jp/htm/rockwell.htm

ロックウェルの絵には、他にも、地図を見て道順を考えているサンタなど、楽しいものがたくさんあります。

(このブログはアフィリエイトではありません)

|

« ブラックホール | トップページ | 隣のサンタさん♪ »

コメント

お久しぶりです。PCの調子が悪そうなご様子でしたので、時々覗いていました。

サンタクロース。私も小3まで信じていましたが、父にカミングアウトされて、大泣きしました。
「ディスカバリング サンタ」、こんなことがあったら衝撃でしょうね。表情がとてもいいです。

長男さんも英語で…ショックでしたね。
気持ちがすごくわかります。

投稿: あつこ | 2006年12月25日 (月) 00時14分

サンタ発見!
確かにねぇ〜(笑)

投稿: てると゜ | 2006年12月25日 (月) 07時05分

あつこさんへ

PCの心配をしていてくださったのですね~。
ありがとうございます。
いちおう修理して使えてはいるのですが、なんだかあぶなっかしい感じです。

サンタの秘密を知らないと、お友達からからかわれたりいじめられたりされるんじゃないかと心配するあまり、告白してしまう親御さんがいるようです。
あつこさんのお父様もきっとそんなふうに考えられたのでしょうね。
でも、あつこさんは泣いちゃったんですね~。

あつこさんは小3だったからやっぱりショックだったと思います。うちの子の場合は、もう中学生でしたから(笑)。

投稿: Mutuko | 2006年12月25日 (月) 08時18分

てるとさんへ

ロックウェルの絵は、洒落ていて大好きです。
てるとさんはサンタを信じてましたか?

投稿: Mutuko | 2006年12月25日 (月) 08時19分

我が家では 私の作り話で
「サンタさんはクリスマスの妖精だから 信じてくれない子の所には来たくても来れなくなるんだよ。で、信じられなくなった子の所には かわいそうだからお父さん、お母さんが変わりにプレゼント用意するんだよ。」
って・・・だから お父さん達がプレゼントくれるんだなんて暴露する子がいると
「あの子、かわいそうだね~」
って同情していましたよ。我ながら うまい話にしたもんだとニンマリ♪
お陰でうちの王子は小5にもなって サンタが来れなくなってはいけないと 半ば必死で信じているようです。可愛い☆

投稿: つきつき子 | 2006年12月25日 (月) 13時09分

我が家はある時から子供も親もわかっていないふり演技で乗り切ると言うことになりまして、そのうちどちらからとも無くプレゼントのやりあいをはじめました。 長女が小学5年の頃だったと思います。それはそれで楽しかったですね。

投稿: ザカリ | 2006年12月25日 (月) 14時53分

先日…息子(小6)が言いました。
「友達が”サンタさんは親だ”って言うんだよ」
友達の言葉にも、まだ半信半疑の息子…。*^_^* かわいいです♪
Mutukoさんの息子さんも中学まで信じてたんですね。
うちも「信じる子のところにサンタさんは来るんだよ♪」って、
まだ来年も…信じてくれるでしょうか?
でも…一番信じてるのは、私かもしれませ~ん♪ σ(^^;
未だに、25日の朝はワクワク♪しちゃうんです。*^_^*
一昨年だったか…私にもプレゼントを置いていってくれたんですよ♪

投稿: きの. | 2006年12月25日 (月) 15時43分

つきつき子さんへ

つきつき子さんのところでも、サンタの夢が長続きするよう工夫されていたのですね~。
なんだかお仲間でうれしいな。
そうそう、うちでも小学校高学年ごろは、プレゼントもらいたさに信じようとしていたって感じ。

投稿: Mutuko | 2006年12月25日 (月) 20時14分

ザカリさんへ

ザカリさんのエピソードは、なんだかハートウォーミングでいいなぁ・・・・。
「わかってないふり演技」はうちもあったと思いますよ~(笑)。
親と子でプレゼント交換って素敵ですね。
うちでもやりたいなぁ。

投稿: Mutuko | 2006年12月25日 (月) 20時18分

きの.さんへ

小6の息子さんですか~。
サンタについては、微妙~な年齢(笑)。
でも、いくつになっても信じていていいですよね~。サンタさんは心の中にいるんですもの。

きの.ちゃんにサンタさんが来たなんて、またまたこれもハートウォーミングなお話、ありがとうございました~。ごっつぁんです(笑)。

投稿: Mutuko | 2006年12月25日 (月) 20時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ブラックホール | トップページ | 隣のサンタさん♪ »