« 『フルート奏者の部屋』制作中 | トップページ | フルートレッスン(16) »

2006年11月30日 (木)

イギリス館&ローズガーデン(6)

先日アップできなかった制作過程の終盤を、改めてアップしたいと思います。

パセリ(スーパーで買ったもの)、アスパラガスの葉、ブプレリウムなどで、丸い植え込み(トピアリー)を作りました。

建物と植え込み部分が出来たので、今度は花のレイアウトです。

右の花壇にはミニバラの押し花を、左の花壇には、バラが遠くに咲いているように見えるよう、ボロニヤや都草などの小花を配しました。

ズレやすい部分は、花レジン(押し花用樹脂)や押し花粘着スプレー(スプレー糊)で留めますが、基本的に押し花は台紙に並べるだけで接着しません。

レイアウトが終了したら、厚手のアルミ台紙に乾燥剤、脱酸素剤を乗せ、その上に作品を置きます。

作品の周囲に花レジンを塗って、上からガラスをかぶせ、押し花ポンプで空気を抜きます。アルミ、薬剤、台紙、クッション紙、押し花が、真空状態で一体化しました。

真空にすると、押し花は接着しなくても台紙に密着します。また、湿気にさらされないため、美しい花色を長期間保つことができます。

中抜きマットと一緒に額に納めて出来上がり。

額のサイズは47cm×56cm、かなり大きくて重いです。

|

« 『フルート奏者の部屋』制作中 | トップページ | フルートレッスン(16) »

コメント

Mutukoさん、こんにちは。
押し花で描く絵画、色鮮やかでとってもステキな作品ですね。
基本的に台紙に接着しないで並べるだけなのですか。
細かい花や葉をたくさん使っているから、
私はうっかり風で飛ばしてしまいそうです。


投稿: Yoshino | 2006年12月 2日 (土) 17時28分

Yoshinoさんへ

こんばんは。お久しぶりです~。
コメントうれしいです。

額の作品は、密封のときにズレそうな箇所を少し接着するだけで、あとは並べるだけなんです。
いつでもデザインが直せていいんですが、ほんとにうっかり飛ばしてしまいそうです。
鼻息やため息に要注意。爆笑もアブナイですね(笑)。

投稿: Mutuko | 2006年12月 2日 (土) 23時51分

Buildings are expensive and not every person is able to buy it. Nevertheless, business loans are invented to support different people in such kind of hard situations.

投稿: TheresaGeorge26 | 2012年11月 1日 (木) 13時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『フルート奏者の部屋』制作中 | トップページ | フルートレッスン(16) »