« フルートレッスン(13) | トップページ | 青い鳥の家?! »

2006年10月20日 (金)

青木十良氏

19日(木)の午後、なにげなくTVをつけたら、『徹子の部屋』に91歳の現役チェロ奏者、青木十良氏が出演されていました。

皇室の音楽の先生であり、天皇陛下にチェロの指導もされてきた方だそうです。

一見したところでは、御年75歳というところ。とても91歳には見えません・・・・。きちんとしたスーツ姿で、終始ニコニコとされていて、とても素敵♪

厳しい時代を生き抜いてきた方です。

「自分が何かやろうとすると、必ずそれを阻むものが出てきて、自分の思い通りにはなかなか生きられませんでしたね。」と、今までの人生を振り返ってさらりとおっしゃる。

他にも心に残る言葉がたくさんありました。

「今でも、一日最低3時間はチェロの練習をします。そうしないと落ちてしまうから。死ぬことは怖くないです。死ねばもうチェロを弾かなくてもいいから、楽になる。」

最近になって録音したバッハの「無伴奏チェロ組曲」について、なぜ1番からではなく6番から録音したかと尋ねられて。

「6番が一番むずかしいからです。あれができれば全部できる。あれができなければ、やれないんです。」

一番高いハードルからクリアするって・・・・すごいですね。

来週24日(火)には、盛岡でリサイタルもなさいます。おそらく東北では最後になるだろうということです。

あまりいいお顔をされているので、ポスターにリンクしちゃいます。

こちらです。http://www.m-stringshop.com/poster.html

|

« フルートレッスン(13) | トップページ | 青い鳥の家?! »

コメント

チェロ好きです。
昔、カザルスが国連を会場にして演奏した「鳥の歌」がコマーシャルに使われていました。
その演奏があまりにも美しかったのでレコード店で探したのですが、ありませんでした。(_ _。)・・・シュン
仕方なく違うレコードを買って来たのですが、納得できませんでした。

いいポスターですね。
勿論演奏もすてきなんでしょうけどねぇ。

投稿: てると゜ | 2006年10月21日 (土) 07時58分

てるとさんへ

てるとさんにはチェロが似合いそうな気がします。
私もチェロ大好きです。

カザルスは「チョロの神様」と呼ばれていますね~。
実は夫が独身時代からカザルスのファンで、「カザルス/ホワイトコンサート」というレコード(LPですよ!)を昔聴かせてくれたことがありました。
その中の「鳥の歌」があまりに素敵だったので、私はその後、同じアルバムをCDとして買いなおし、今でも時々聴いています。
これはカザルスの名演奏として人気の高いアルバムなので、てるとさんのお気に召すのではないでしょうか。
すでにご存知だったかもしれませんが。

今回、「徹子の部屋」でも青木さんが「鳥の歌」を弾いてくださいました。
この曲はやはりカザルス同様、このぐらい年齢を重ねた方の演奏のほうが心にしみますね~。

投稿: Mutuko | 2006年10月21日 (土) 08時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フルートレッスン(13) | トップページ | 青い鳥の家?! »