« あひるのジマイマのベビールーム(2) | トップページ | 『くらしを彩るトールペイント展』 »

2006年9月20日 (水)

『お菓子と食卓のファンタジー』

今日は、Kotoさんとそのお友達のAさん(実は3人でよく遊んでいます)と一緒に、松屋銀座店で開催中の展覧会に行ってきました。正しいタイトルは

  今田美奈子 華麗なる世界展

お菓子と食卓のファンタジー

  ~今田美奈子食卓芸術サロン30周年記念~

今田美奈子さんは、紀子様のお菓子の先生としても知られた方で、マリーアントワネットが愛したと言われる「クグロフ」というお菓子との出会いをきっかけに、30年にわたって、お菓子作りとテーブルセッティングやマナー(食卓芸術)の研究と普及に努めて来られました。

ルイ16世とマリーアントワネットの披露宴やイースター、バレンタイン、クリスマスなどのお祝いのテーブルセッティングはどれも優雅で、ドールハウスのデザインの参考になりそうです。

写真はデビュタント(社交界デビュー)の貴婦人。(本当はもっとたくさんの種類がありました。)全部お菓子でできています。

また、70名が2ヵ月かかって制作したと言われる、お菓子のヴェルサイユ宮殿は、精巧な作りに目を見張りました。素晴らしい!!

その他にも、様々なシュガーデコレーションを施したケーキや、ヨーロッパの伝統的なお菓子がたくさん紹介されていました。

会場は甘い香りに包まれて、夢のような気分でした~。

写真撮影が禁止されていましたので、ポストカードから紹介させていただきました。

展覧会は25日(月)までです。

|

« あひるのジマイマのベビールーム(2) | トップページ | 『くらしを彩るトールペイント展』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あひるのジマイマのベビールーム(2) | トップページ | 『くらしを彩るトールペイント展』 »