« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月30日 (土)

ハロウィ~ン♪

相馬幸恵(サラダ)さんの大崎教室に初めて参加してきました。

ハロウィンをテーマにした作品です。

軽量粘土で作ったおばけにテグスを付けて、木の枝に結び付けて飛ばしたり、土台に金の粉をふりかけたりと、楽しいしかけがいっぱい。

粘土に触るのは小学校以来という初心者の方もいらしてたのに、みなさん手際がよくてお上手でびっくりしました。実は私が一番ビギナーっぽかった(笑)。←笑ってる場合じゃないけど。

なごやかでとっても楽しいお教室でした♪

相馬先生、ありがとうございました。

| | コメント (8)

2006年9月29日 (金)

あひるのジマイマのベビールーム(6)

レース編みに再チャレンジ。

もう少しサイズの大きいものを編んでみました。直径約12センチ。

ミニチュアにすると、ちょっとぶ厚い感じはしますが、なんとか使えそうです。

| | コメント (2)

TV再放送のお知らせ

ドールハウス作家、相馬幸恵(サラダ)さんが出演され、昨年9月に放送されたTV番組『ハーベストタイム』(ミニチュアクラフト作家として)の再放送があるそうです。

9月30日(土)、10月1日(日) 朝

テレビ神奈川、テレビ埼玉、群馬テレビ 他

放送日や放送時間がTV局によってちがうようなので、こちらでご確認の上、ごらんください。

サラダさんのHPより http://www.ne.jp/asahi/andante/waldmann/harvest_tv.html

「ハーベストタイム」HP http://www.harvesttime.tv/

私もリアルタイムで観逃してしまったので、ぜひ観たいと思います。

| | コメント (0)

2006年9月28日 (木)

あひるのジマイマのベビールーム(5)

レース編みをミニチュアに取り入れてみようと思いました。もしかしたら中学の手芸クラブ以来かも(笑)。

編み針は持っていたので、レース糸と本を購入。最近は太糸を0号の針で編むのが人気ですが、ミニなので、細い40番レース糸と8号針で。編み方(こま編み、長編みetc.)を思い出しながら、ひたすら編み編み。

なんとかミニドイリーができました。直径10センチぐらい。

テーブルにかけてみましたが・・・・・。

なんかイマイチ繊細さに欠ける・・・・。でも、これ以上繊細に作るのは無理。

どうしよう・・・・・。

| | コメント (2)

2006年9月27日 (水)

あひるのジマイマのベビールーム(4)

家具に着色して、クロスステッチの額を作りました。

チェストの上のピンクの額には、赤ちゃんのお名前と生年月日が刺しゅうしてあります。

↑左壁の額。3.5cm×3cmぐらいの大きさです。

| | コメント (6)

2006年9月26日 (火)

押し花教室(2006/9/26)

押し花教室も夏休み明け、久しぶりのおけいことなりました。

今日は立体コサージュ作り。

(1) バラの花びらと葉っぱをバラバラにして押し花にしておきます。

2) (1)を1枚ずつ上下からシールではさみ、ワイヤーをつけます。花と葉の輪郭に沿ってはさみでカット。

花びら(大5枚・中5枚・小5枚・折れた小さなもの5枚)+葉3枚用意しておきます。

(3) (2)に低温のアイロンをあて、温かいうちに花びらに表情をつけ、ワイヤーでまとめていきます。葉も3枚まとめて留めつけ、最後にフローラテープを巻いて出来上がり。

←生徒のSさんの作品

←生徒Dさんの作品

コサージュをつけてお出かけするところもないので、お部屋に飾っておきま~す。

| | コメント (0)

2006年9月25日 (月)

あひるのジマイマのベビールーム(3)

前回に書いたように、作ってみた家具がしっくりこなかったので、悩んだ末に家具を全部作り直し、このような形にしました。

ドールハウスのベビールームといえば、ベビーベッド+ベビーダンス+ハイチェアが定番ですが、べビールーム=ナーサリー(保育室)と考えたときに、赤ちゃんだけでなく、お母さんの存在が感じられる部屋にしたいと思いました。

そこで、授乳用のソファを置こうとしましたが、スペースをとりすぎるため、小ぶりのテーブルセットに変更したという訳です。(理屈っぽい?)

イスは「アンティークショップ」で使わなかったもの(キット)を利用しましたが、その他はアガチス(板)やひのき棒で手作りしました。飾り棒や曲線カットのテクを駆使すれば、装飾的な家具もなんとか作れます。←ゆりかご、たいへんでした~。

家具の参考にと、ベビー専門店や家具屋さんを周りましたが、ベビー家具のコーナーがないのです~。くまさんやあひるさんの絵のついたベビーダンスはもはや過去のもので、今はカジュアルな収納家具などを利用するのが一般的なんだそうです。

お店の人に「赤ちゃんがお生まれになったんですか?」って聞かれてちょっとアセリました。(ジャガー横田じゃないってば・・・・)

| | コメント (4)

2006年9月24日 (日)

『海辺のカフカ』

ここ数日、村上春樹の『海辺のカフカ』という小説を読んでいて、のめりこんでいました。

私は本を読み終えると、心に残ったフレーズを書き留めておくクセがあるので、今回もそうしたいと思います。勝手なメモですみません。

この小説は、15歳の男の子が家出をする話です。旅の途中で、幼いときに自分を置いて出て行った母や姉と出会い、それに伴って不思議な現象が次々と起こっていきます。

それとは全く別に、ふたつの(それはやがて結ばれてひとつになる)サイドストーリーが並行して描かれていきます。こちらのほうは、少し頭の弱いナカタという初老の男性と、ホシノという若いトラック運転手が、ゆきずりで出会って一緒に旅をする話。

私は「僕」を主人公としたメインのストーリーよりも、サイドストーリーの方に、心ひかれるフレーズがたくさんありました。

 でも俺は今のところ少しはナカタさんの役に立っている。ナカタさんの変わりに字を読んでいるし、あの石だって俺がみつけてきたんだ。役に立っているというのはなかなか悪くない気分だ。そんな気持ちになれたのはほとんど生まれて初めてのことだ。仕事をすっぽかして、こんなところまで来ちまって、次から次へとわからないことに巻きこまれているけど、俺はこうなったことをべつに後悔しちゃいない。

 なんというか、自分が正しい場所にいるっていう実感があるんだな。自分がいったい何かという問題が、ナカタさんの横にいると、もうどうでもいいようなことに思えて来るんだね。比較するのはいささかオーバーかもしれんけど、お釈迦様かイエス・キリストの弟子になった連中も、あるいはこんな具合だったのかもしれないな。お釈迦様と一緒にいるときさ、俺っちなんかこういい気分なんだよな、とかさ。教義とか心理とかむずかしいことを言う以前に、その程度の乗りだったのかもしれない。

知的障害者=純粋と捉える人がたまにあるけれど、この場合そういった安易な感覚ではなく、ナカタさんには、障害とは関係なく、純粋な魂というものが生まれつき備わってるんじゃないかと思わせる感じが確かにあるのです。

 「じゃあひとつ訊きたいんだけど、音楽には人を変えてしまう力ってのがあると思う?つまり、あるときにある音楽を聴いて、おかげで自分の中にある何かが、がらっと大きく変わっちまう、みたいな」

 大島さんはうなずいた。「もちろん」と彼は言った。「そういうことはあります。」何かを経験し、それによって僕らの中で何かが起こります。化学作用のようなものですね。そしてそのあと僕らは自分自身を点検し、そこにあるすべての目盛りが一段階上にあがっていることを知ります。自分の世界がひとまわり広がっていることに。僕にもそういう経験はあります。たまにしかありませんが、たまにあります。恋と同じです。」

それまでクラシック音楽などほとんど聴いたこともなかったホシノ青年が、ナカタさんとの旅の途中で立ち寄った喫茶店で、べーートーベンの「大公トリオ」という曲を聴いて感動したときの話。

私も芸術家のはしくれですので、音楽や絵画や文学作品など、芸術に人が触発される話があると、非常に嬉しいのです。芸術でお腹がふくれるわけじゃないけど、「人はパンのみに生きるにあらず。神の口から出る言葉によって生きる」という聖書の言葉を信じたいですね。

「俺はさ、おじさん、こう思うんだよ。」と青年は続けた。「これから何かちょっとしたことがあるたびに、ナカタさんならこういうときにどう言うだろう、ナカタさんならこういうときにどうするだろうって、俺はいちいち考えるんじゃねえかってさ。なんとなくそういう気がするんだね。で、そういうのは結構大きなことだと思うんだ。つまりある意味ではナカタさんの一部は、俺っちの中でこれからも生き続けるってことだからね。まああんまりたいした入れ物じゃねえことはたしかだけどさ、でも何もないよりゃいいだろう。」

亡くなったナカタさんにむかってホシノ青年が話しかける言葉。

死者が生き残った人々の心の中で生き続けるということは、こういうことなのだと改めて思いました。

こんなふうに周囲に思われるような生き方ができればいいですね。でも生きてるうちはきっと無我夢中で、そういうことは考えないものかもしれません・・・・。

これから読もうと思われた方がありましたら・・・・・実はかなりネタばれしちゃってます。ごめんなさい。

| | コメント (0)

2006年9月23日 (土)

『もの作りビッグギャラリー』

0923monodukuri 午後からは、お台場の東京ビッグサイトで開催中のイベントに出かけました。

「1000人のもの作り人大集合!」とあって、様々なジャンルのたくさんの作家さんのブースが出ています。

日本ドールハウス協会のブースでは、和紙江戸小物「お江戸でござる」が展示されていました。和紙とエコクラフトテープで江戸の町並み(30分の1ぐらい?もっと細かいかな?)が再現されているのですが、人々のにぎやかな声が聞こえてきそうな、躍動感あふれるリアルな作りでした。

体験教室もあちこちで行われています。

原毛フエルトで動物マスコットを作る体験に参加したかったのですが、人気が高く、人がいっぱいであきらめてしまいました。残念。

オーブン粘土FIMOのブースで、皆川良一さんの「くまのゆうびん屋さん」が作れるキットをいただきました。ラッキー!!先日の個展のワークショップで習っておいてよかったわ~。

ベビールームに使いたかったオーガニックコットンの布地が安く買えました。これも予想外のラッキー。

イベントは明日5時までです。手作りのお好きな方はぜひどうぞ。

| | コメント (4)

中学文化祭

次男(中1)の学校の文化祭に出かけてきました。

と言っても、中1生は学校説明会のお手伝いをするだけで、展示も出し物も何もしないそうで・・・・。せっかく行ってもなんだか盛り上がりに欠けます~。

世界大会に出場するほどの腕前という「マジックジャグリング部」の発表を見たり、吹奏楽部の演奏を聴いたりしたかったのですが、時間が合わず残念でした。

来年に期待(笑)。

| | コメント (0)

2006年9月22日 (金)

よかったー!!

なおえさんちのワンコ、あんこちゃんが昨日無事に見つかったそうです。

よかったですね~。

見つかったのは行方不明になって3日目だったそうですが、熱心に手を尽くされた成果だと思います。

なおえさんの愛犬に対する愛情に心打たれる出来事でした。

ところで、昨日ぐらいからキンモクセイの香りが漂うようになりました。

わが家の庭にも植わっているのですが、周辺の同じ建売住宅のほとんどに植わっているので、しばらくは一帯が甘い香りに包まれます。幸せな気分です~。

| | コメント (6)

2006年9月21日 (木)

ドールハウス教室(2006/9/21)

夏休みはお休みされている方が多かったのですが、今日は久しぶりに3人の生徒さんが来られました。

毎年出品している区内の文化祭に、今年もみんなで申し込もうと思っています。

1人1作品。1月末の「第11回都筑区民文化祭」にむけて、これから本格始動です。

| | コメント (0)

2006年9月20日 (水)

なおえさんのワンちゃん

ベアやロバさんなど、精巧なミニチュアのぬいぐるみを制作されている沖縄のなおえさんのワンちゃん(こちらはぬいぐるみではなく本物)が行方不明だそうです。沖縄にお住まいの方、見ておられましたらよろしくおねがいします。

ご本人のブログよりポスターを貼りつけさせていただきました。クリックしてごらんください。

(後日、画像を削除いたしました。)

| | コメント (0)

『くらしを彩るトールペイント展』

お菓子の展覧会の後、銀座三越で開催中のトールペイント展に寄ってきました。

古屋加江子さん、くまがいなおみさんなど、有名作家の作品を実際に観るのは初めてなので、ワクワクしました。

テーブルセッティング、リビングルーム、子ども部屋、ローズガーデンなど、テーマに沿って各作家の作品が展示されていて、いろいろな作風があることがわかりました。

ペイントのデモンストレーションや、傘などの自分の持ち物にペイントしてくれるユニークな企画もありました。

同展も25日(月)までです。

| | コメント (6)

『お菓子と食卓のファンタジー』

今日は、Kotoさんとそのお友達のAさん(実は3人でよく遊んでいます)と一緒に、松屋銀座店で開催中の展覧会に行ってきました。正しいタイトルは

  今田美奈子 華麗なる世界展

お菓子と食卓のファンタジー

  ~今田美奈子食卓芸術サロン30周年記念~

今田美奈子さんは、紀子様のお菓子の先生としても知られた方で、マリーアントワネットが愛したと言われる「クグロフ」というお菓子との出会いをきっかけに、30年にわたって、お菓子作りとテーブルセッティングやマナー(食卓芸術)の研究と普及に努めて来られました。

ルイ16世とマリーアントワネットの披露宴やイースター、バレンタイン、クリスマスなどのお祝いのテーブルセッティングはどれも優雅で、ドールハウスのデザインの参考になりそうです。

写真はデビュタント(社交界デビュー)の貴婦人。(本当はもっとたくさんの種類がありました。)全部お菓子でできています。

また、70名が2ヵ月かかって制作したと言われる、お菓子のヴェルサイユ宮殿は、精巧な作りに目を見張りました。素晴らしい!!

その他にも、様々なシュガーデコレーションを施したケーキや、ヨーロッパの伝統的なお菓子がたくさん紹介されていました。

会場は甘い香りに包まれて、夢のような気分でした~。

写真撮影が禁止されていましたので、ポストカードから紹介させていただきました。

展覧会は25日(月)までです。

| | コメント (0)

2006年9月19日 (火)

あひるのジマイマのベビールーム(2)

考えていたデザインに従って、家具をざっと作って置いてみたのですが・・・・。

狭いコーナールームに、ソファやベビーベッドなどの大型家具を置くと、かなり圧迫感があります。

う~~~ん、もう一度デザインからやり直し。

もうひとつ、広いお部屋のベビールームを作ってみようかな。

制作日記がそのうち分化するかも(笑)。

| | コメント (2)

2006年9月18日 (月)

パーチメントクラフトレッスン(6)ーBasicA⑥-

アルファベットのカードを作りました。

お花は、パンチで紙を抜いたあと、エンボスで花びらの表情をつけていくのが面白いですね。

図案は26文字全部あるので、いろんな文字で楽しめそうです。

プレゼントにも喜ばれるかも。

| | コメント (2)

2006年9月17日 (日)

久しぶりのバトンで~す。

【見たらすぐやるバトン】

「見た人は、必ずやること。今すぐやること。」


■ステータス

HN:Mutuko

職業:ドールハウス作家(と、大きく名乗っておこう。笑)

病気:花粉症

装備:メガネ

    汚れてもいい服と歩きやすい靴

    主婦エプロンと工房エプロンの2種類で「へん~~~しん!!」
   
口癖:う~~~~~ん(長い。言いにくいことを言う前につくらしい。)

    へぇ~、そうなんだ~。

靴のサイズ:22.5cm

両親はまだ結婚してる?:YES

兄弟:超おしゃべりな兄と姉

ペット:ミニチュアの招き猫


■好きなもの

色:生成の白、クリームイエロー、ワインレッド、こげ茶

番号:2と4

動物:ゾウ、キリン

    (キリンさんが好きです。でも、ゾウさんのほうがもっと好きです。笑)

飲みもの:コーヒー、紅茶 、サントリーのウーロン茶、アセロラドリンク

本:村上春樹『ノルウェイの森』、江國香織&辻 仁成『冷静と情熱のあいだ』

  梨木香歩『からくりからくさ』

花:ユリ、クリスマスローズ


■質問
髪染めてる? : いやん、聞かないでよ、染めてる。でも、ヘアマニキュア で白髪隠し。

髪の毛巻いてる?: NO くせ毛(笑)

タトゥーしてる?:NO

ピアス開けてる?:NO

カンニングしたことある?:NO

お酒飲む?タバコ吸う?:お酒は基本的に飲めない。梅酒ぐらいなら。
             タバコはNO

ジェットコースター好き?:どちらでもない

どこかに引っ越しできたらな~と思う?:引越したくない。荷物多いから。特にワレモノ(笑)
もっとピアス開けたい?:身体に穴あけるなんていやよ~。

掃除好き?:嫌い。でも、整理整頓好き。
       (どんなんや。拭き掃除が苦手なの。)

ウェブカメラ持ってる?:そんなものがあるの~?

コンピューターから離れられる?:無理かも~。

殴り合いのケンカしたことある?:NO

お水/ホストに見間違えられたことある?:NO 悲しいほどない。

嘘ついたことある?:YES でも、基本的に嘘つくのヘタ。

若い頃は親に嘘ついて、バレては無茶苦茶怒られた。お父さんお母さんごめんなさい。

誰かを愛したことある?:あるある・・・うふふ。

友達とキスしたことある?:YES あはは、キスしたあと彼氏になった(笑)。

誰かの心をもてあそんだことある?:ごめん(とか言ってみたりして。嘘ピョ~ン。)

人を利用したことある?:あったらごめん。意識としてはないけど。

使われたことは?:あったかも。でも自覚なし。

浮気されたことある?:ないと思う。気付いてないなんて、なんておめでたいの(笑)。

拳銃を手にしたことある?:ないよ~。

■今現在
今着てる服:こげ茶の花柄カットソー+グレーのサブリナパンツ +モスグリーンの工房エプロン(実は制作中だった・・・。)

今のムード:黄昏~

今のテイスト:どんだけあるんじゃい!

今のにおい:何も。ああ、夕飯の支度しなくちゃ~。

今の髪型:ショート

今やりたいこと:トイレに行きたい(ごめん、行ってくる。)

今聞いてるCD:何も聞いてないけど、 ヨーヨー・マのチェロとか聞きたい気分。

一番最近読んだ本:『ダ・ヴィンチ・コード』

一番最近見た映画:『UDON』

一番最後に食べたもの: パン(ベーコンエピ)

一番最後に電話でしゃべった人:長男の友達(取り次いだだけだってば~)

ドラッグ使ったんは?:そんなもんないよ~。

地球のほかの惑星にも人類がいると思う?:「人類」はいないかも。生物はいると思う。

初恋覚えてる?:もちろ~ん

まだ好き?:NO

新聞読む?:YES 

ゲイやビアンのともだちはいる?:いないけど、ほんとはオカマの友達ほしい~。

奇跡を信じる?:信じる。信じたい。

成績いい?:学校の成績?結構よかった。

帽子かぶる?:YES

自己嫌悪する?:あんまりしない。ちょっとする。

なんかに依存してる?:してないかな~。

親友いる?:YES と言ってもいいかな。

身近に感じれる友達いる?:YES

自分の字すき?:NO

見た目気にする?:そりゃあ気にする。

ファーストキス:おぼえてるよん。

一目ぼれって信じる?:YES

ビビビ!を信じる?:YES

思わせぶりははげしい方?:そうでもない。

シャイすぎて一歩を踏み出せない?:いやいや、善は急げ(笑)。

■自分のこと
よく物思いにふける:YES

自分は性格悪いと思う?:無茶苦茶悪いとこある。

               でも、いいところもあるんだよ~。

いやみっぽい?:そうならないよう、気を付けてます。

天使?:そりゃあ私でしょう(笑)。

悪魔?:それも私(笑)。

シャイ?:そうでもない。

よくしゃべる?: はい。でも、母や兄姉のほうが上手。

疲れた?:そうでもないけど、がんばったと思う。

私はLiricaさんのところからもらってきましたが、

誰が見てるかは私にもわからないので、好きな人、持って行ってね~。

| | コメント (0)

動物占いの進化(深化)版!マジカルインデクス

「クリオネちゃん」を作っていただいたLiricaさんの日記から、動物占いをいただいてまいりました~。今回、ぐっと深く細かくなっているようです。

サイトはこちらhttp://woman.excite.co.jp/fortune/magical/

私は 「困難を克服する強い意志と智恵を持つ」

満月グループ どうどう組の黒ひょう でした。(こわっ)

基本性格

勝ち気で他人には頼らず、自分のことは自分でやる、曲がったことが大嫌いな純粋な人。マイペースで、高い自尊心と困難にもくじけない強い意志の持ち主。非常に現実的で計算に強く、高い目標に向かって努力する人。

女性は、結婚しても、夫とは対等な関係を持ち続けるタイプ。

行動パターン 
満月グループ】魅力的な人と言われたい
・カリスマになりたいと考えており、自分の計画を実現したい人です。
・人とのかかわりを大事にし、情報集めと人脈作りが大好きです。
感覚パターン 
どうどう組】自然でいうと「茶色の山」!しっかりしたハートを持つ人です。
・世話好きで、人の面倒をよくみる現実優先型。
・経済感覚があり、義理人情に厚く、困っている人がいると見過ごせません。
・あなたの温かいひと言が相手を勇気づけ元気にするでしょう。
性格パターン 

黒ひょう】生涯現役!がテーマ。新しいものが大好きで、流行に敏感
・自分の話が好きで、「私」とか「俺」とかの主語が多い
・トラブルの調停がうまい
・いくつになっても気が若く、いつまでも現役

ある面すごい当たってます~。「情報集めと人脈作りが大好き」に大笑い。

「ある面」というのは、私自身いろんな面があって、一概に言えないなあと思っているからなんです。

積極的⇔消極的、明るい⇔暗い、細やか⇔大ざっぱ、気が強い⇔気が弱いetc.

場面によって、また相手によって、現れる面がちがってるんですよ~。

両極端を同時に持っていることそのものが、私の性格かなぁと思う近頃です。

ところで、あなたは何の動物でしたか?

| | コメント (0)

『目と心の健康』

知り合いに誘われて、眼科医の先生の講演会を聴いてきました。

白内障、緑内障、ドライアイなど、目の病気に関するお話です。

白内障は、年をとると誰でもなるものですが、緑内障については、若い頃目のよかった人が急性の緑内障になりやすいので、そういう人は異常がなくても、年をとったら一度眼科を受診することをおすすめします、ということでした。

ドライアイは、リウマチなどの1症状として出るほかは、パソコンやエアコン(乾燥)など環境によるものが多く、精神安定剤や睡眠剤などの影響もあるそうです。ストレスによるものも多いんじゃないかとおっしゃってました。なるほど~。

重症になると、悲しくても嬉しくても涙が出なくなるそうです。これはちょっと寂しいですね。手術もありますが、根治はむずかしいそうで、目薬で涙を補給することしかないようです。私の周りにも、ドライアイで困っている人がいますが、意外に厄介なんですね。

後半の質問コーナーで、日頃気になっていたことをお尋ねしてみました。

「細かい作業が好きなんですが、年をとって続けていても大丈夫なんでしょうか?」ドキドキ。

「目を使いすぎたら病気になるというものではないので、続けて大丈夫です。」とのお答え。ほっ。でも、疲れたときには、目からのサインだと思って休むようにしてくださいということでした。なんだか、この答えはうれしかったですね。

これも、若い頃目のよかった人は、暗いところでうつむいて細かい作業をしているときに、緑内障の発作が起こりやすいので、夕方暗くなったら、早めに電気をつけるのがよいそうです。目のいい人ほど、年をとってからのリスクが高いのは、やっぱり本当なんですね。

私は小学生のときから近視なので、その点は大丈夫なんですが、パソコンもミニチュアも長く楽しむために、目は大切にしなくちゃ、と改めて思いました。

みなさんも目はお大事に。

| | コメント (2)

2006年9月16日 (土)

大発生!!

大宮から帰って一息つく暇もなく、玄関のチャイムが鳴りました。お隣の奥さんです。

「Mutukoさんのお庭の生垣に毛虫が大発生してるんだけど・・・・・。」

ええ~~~っ!!奥さんが指さす方向には、ケ、毛虫が~~~。

(虫が苦手な方、ごめんなさいね~。)

←よく撮れてるわ~この写真、って言ってる場合じゃないのよ。

「ここにも、ほらここにも・・・・。」まさに大発生!!

急遽、捕獲作戦となりました。長袖に長ズボン、農作業用のほっかむり&手袋・・・・毛虫が肌に触れると赤く腫れるそうなので、完全防備をして、園芸用の長いピンセットで毛虫を1匹ずつつまみ、牛乳パックの中へ。

30分も経たないうちに、50匹、いや100匹ぐらい獲れたんじゃないでしょうか。

たくさん落ちている糞のお掃除をして、最後にアブラムシ・ケムシ用の殺虫剤、タケダのオルトランをスプレーしました。

もっと早く気付いて処理するべきでした。暑いから、忙しいからとほとんど庭に出てなかったからね~。数日は様子を見る必要がありそうです。

| | コメント (4)

『小さな世界展』

0916omiya 河南まりこ先生のお教室の作品展に出かけてきました。

会場は、大宮(埼玉)のソニックシティビル31階(高いよ~)のテプコギャラリー。

作品数はそれほど多くなかったのですが、じっくりと手間をかけて作りこまれた作品を堪能させていただきました。特に粘土がお得意の先生なので、先生、生徒さんともにフード類がどれもおいしそうでした~。

小さなフレーム作品なども、粘土のミニチュアの飾り方、まとめ方にユニークなものがあり、勉強になりました。

第4回(だったと思いますが)ドールハウスコンテストで金賞を受賞されたお寿司屋さんは、お魚やお寿司などのミニチュアの精巧さとともに、建物やお庭も緻密に作られていて、全体のバランスも素晴らしく、さすが!と思いました。

作品展の管理の方がいらっしゃらなかったので、撮影許可がとれず、遠目から会場写真だけ撮らせていただきました。

作品展は19日(火)までです。

| | コメント (0)

2006年9月15日 (金)

フルートレッスン(11)

♭が二つの変ロ長調に入りました。

半音の指使いもだいたいおぼえたので、吹ける曲がぐんと増えてうれしい~。

4月から半年、なんとか続いています。次の目標は1年、人にも聴いてもらえるようなレパートリーができているといいな・・・・。

| | コメント (2)

2006年9月14日 (木)

アクリルケース

せっかく手間をかけて作った作品も、飾っているあいだにホコリまみれになっては台無しですよね。ドールハウスのホコリ対策、どうしていますか?

私はできるだけアクリルケースに入れるようにしています。

小さいものは、東急ハンズやユザワヤなどで扱っている既製のケースで。

「コアデ」のものもいいですよ。コトブキヤさんで注文できます。http://www.kotobukiya.co.jp/kotobukiyashop/index.msp

↑うふっ、マニアックなHPよん

大きいものはオーダーメイドになってしまいますが、お店によって品質も値段もまちまちなのには驚きます。

最近、ネットで見つけた「アクリ屋」さんのケースがとてもよかったので、ご紹介します。

アクリルそのものの透明度が高く、接合面も接着剤のはみ出しが全くなくて、仕上がりがすごくいいんです。お値段もかなりリーズナブルだと思います。

アクリ屋さんのHP の「お客様活用事例」のページに「テディベアショップ」を載せていただいたので、よかったらごらんくださいね。

http://www.acry-ya.com/cgibin/wl-news2/wlnews.cgi?id=acryya

個人や業者さんなど様々な方からの投稿があり、みなさんアクリルケースをいろいろに活用されていて、このページ、とても楽しいです。

| | コメント (0)

2006年9月13日 (水)

つきつき子さんの作品展

ネットやドールハウスコンテストでお知り合いになった つきつき子さん の作品展に出かけてきました。

作品展の本当のタイトルは

あとりえCOTTON&ミニチュア工房るるなな 合同展

  「お部屋の中にナチュラルな風を感じて・・・」

     ~トールペイント&ポーセラーツ、ミニチュア作品展~    です。

会場の「ギャラリー檀」(JR高尾駅近く)は、住宅街の中にあるかわいらしい喫茶店兼ギャラリー。

こじんまりした展示ながら、つきつき子さんのやさしい世界を感じることができました。今年のドールハウスコンテストで入選された「いちごのオープンカフェ」は、ナチュラルなガーデンスタイルで、何度見ても素敵です~。

トールペイントも全体にナチュラルな感じのものが多くて、好みでした♪

フワフワしっとりのおいしいシフォンケーキをいただいた後、ミニチュア講習会を受けさせていただきました。

「野菜サンドのプレート」

サンドイッチのパンも具も全て作っておいてくださって、カッターで切ってボンドで貼り付けていくだけで、こんなにかわいいプレートが出来上がりました。

作品展は16日(土)まで。詳細はこちらでどうぞ。

http://www.dollhouse-runa.haru.gs/2006.09tenjikai.html

| | コメント (2)

2006年9月12日 (火)

素敵なトールペイント

今日はblogリンクのお仲間、rupinusさん と一緒に、バタコさん のお宅におじゃましてきました~。

バタコさんに渡したいものがあったので、それを口実に。うふっ。

閑静な住宅街に建つ南欧風のお家・・・・・。

玄関にもリビングにもたくさんのトールペイントの作品が飾られていました。お花や風景画、季節ものなど、いろんなモチーフで、日常使いの小物などにさりげなくペイントを取り入れられていて、とっても素敵~。

ペーパーがけやニスの仕上げなど、細部にわたって丁寧に仕上げられた作品に触れらて、とっても勉強になりました。

0912gardendoll ←バタコさんに譲っていただいたガーデンドールのキット(男の子&女の子)これが100均と聞いてびっくり。

手足用の植木鉢をミニチュアに使いたいと思ったのですが、すごくかわいいから、組み立ててお庭に置いちゃおうかな~。

| | コメント (4)

2006年9月11日 (月)

『ダ・ヴィンチ・コード』上下巻

0911davinchcode 古い話題ですみません。ずっと読みたかった本がやっと読めたもので。

最初の100ページぐらいはなかなか進まなかったのですが、ノッてきたら止まらなくなり、数日で一気に読み切ってしまいました。

読んでよかったですね~。ウンチクがいっぱいで。膨大な資料を読み込んで書かれた本だということがよくわかりました。

でも、西洋絵画、キリスト教、世界史etc.どれについても中途半端な知識しかないので、読んでいて、どの部分がフィクションでどの部分がノンフィクションなのか、わかんなくなるんですよ~。混乱します。そういう知識や先入観がない日本人のほうが、楽しめるかもと解説にはあったんですけどね。

機会があれば、映画のほうも、もう一度観てみたいです。

| | コメント (2)

2006年9月10日 (日)

のこいのこさん

昨晩は知り合いに誘われて、のこいのこさんの小さなコンサートに出かけてきました。

のこいのこって誰?という人も、声を聞いたらすぐにわかると思いますよ。

「カップスター~食べたその日から~♪」とか「エバラ焼肉のたれ!」とか、今までに歌われたCMソングは800曲とか。

「ひらけポンキッキ!」の「パタパタママ~パタパタママ~♪」や「のりものあつまれ~いろんなくるま~♪」は大ヒットしましたね。

想像どおり、パンチのきいた歌声でしたが、最近はシャンソンを歌われているそうで、アンコールで聞かせてくださった「愛の賛歌」はすごく素敵でした。

6月に『のこいのこ大全』というCDを発売されてから、にわかにマスコミへの露出が多くなったのこさんですが、小さい頃にポンキッキを見て育ったという若い人たちが、CDを作る企画を立ててくださったそうで、CD制作の温かいエピソードなども聞けてよかったです。

CDの情報はこちらでどうぞ。(このブログはアフィリエイトではありません。)

http://www.amazon.co.jp/gp/product/B000FIHCBC/sr=1-1/qid=1157853357/ref=sr_1_1/250-7843678-1233829?ie=UTF8&s=music

| | コメント (0)

2006年9月 9日 (土)

藤岡藤巻

昔から、お笑いと音楽が合体したナンセンス・ソングみたいなのが好きで。

子どもの頃流行った「あのねのね」の「魚屋の おっさんが・・・♪」っていうのから始まって、若い頃は、嘉門達夫の「あ~~小市民~♪」とか、ちょっとマニアックに、スネークマンショーの「急いで口で吸え!」とか。. 所ジョージさんがギター片手に即興で歌う歌なんかも、すんごくくだらなくて大好き。

そして、最近見つけて気になっているのが、54歳の元サラリーマンの男性二人の「藤岡藤巻」というユニットです。いわゆる「おやじアーティスト」というのでしょうか。

歌っているのは「牛乳トイレットペーパー海苔」・・・・会社帰りに女房からメールが入って、あいさつ文も何もなく、いきなり買い物メモが書いてある。昔のメールは絵文字も入ってたのに、みたいな歌詞。

「息子よ」という歌では、人生は川の流れのようだとか言うけど、それはうそだ。人生は・・・・沼だ。

「生きる希望」じゃなくて「生きてていい希望」を歌う二人なんだそうです。

アルバム(DVD付)は9月13日発売予定。聴いてみたい~。

ここで試聴できます。(このブログはアフィリエイトではありません。)

http://www.amazon.co.jp/gp/product/B000GLKNBO/sr=1-1/qid=1157774031/ref=sr_1_1/250-7843678-1233829?ie=UTF8&s=music

| | コメント (2)

2006年9月 8日 (金)

長い歯

以前歯医者さんに行ったとき、「奥に削るほどではない小さな虫歯があるので、気を付けていてください。」と言われました。

半年近く経ったので、心配になって診てもらおうと思ったら、通っていた「ミニチュア好きの歯医者さん」は引っ越されてました。ショック。で、今日は初めてのところです。ドキドキ。

診てもらったところ、虫歯は大丈夫みたいでした~。なんでも、虫歯には急性と慢性があるそうで(知らなかった・・・・)、表面のエナメル質だけが黒くて進行しない慢性の虫歯は、すぐに治療しなくてもいいんだそうです。ほっ。

私は歯並びが悪くて、特に下前歯が1本長く飛び出ているのですが、今日はその歯を削って短くしてくれました。今までいろんな歯医者さんにかかってきましたが、歯を削ってもらったのは初めてです~。

中学~高校~大学とクラリネットを吹いていたとき、この歯のおかげで下唇が腫れてずっと痛くて辛い思いをしてきたのに~。あの頃削ってもらってればよかったな・・・・。後の祭りってか。

| | コメント (4)

ほへと数秘占術

ここのところ小さなトラブル続きで、運気が落ちてるのかしら~。こういうときはやっぱり占いですね。

ある人のブログで知って、時々のぞきに行ってるのが「ほへと数秘占術」というサイトです。

私の生年月日を入れてみると

今年の誕生日から216日目です
生まれてこのかた○日目です
今日は 嫌な事があるかも。まぁ気にしないで。 
←えっ?まだあるの?

あなたの ほへと数秘は 5 Std です。

年齢○歳は 感情がテーマです。今までに無い感情の高ぶりは思わぬ結果を引き寄せますが、人間として一段階成長する事でしょう。すごくいい事もありますが地雷も落ちています。

> 5の意味
・基本性格:
鋭い洞察力と臨機応変さ。

物事をいろんな角度から見る事ができます。
頭の回転も速く、何かあってもその場で臨機応変に対応してみせます。
好奇心旺盛で多趣味です。
感受性が高すぎて精神的に疲れやすいところもあります。

・人間関係:
一見社交上手ですがもう一歩踏み込めず、薄い関係になりがちです。
身内には熱く、他の人間関係はさわやか。人間関係とは移り変わる景色の様な所が有ります。
こどもからお年寄り、相手に会話を合わせる事がうまいです。

・生活:
十年に一度ほど、精神的にダメダメになる事がある
旅行などしてリフレッシュして

・金運:
お金が入ったとたん思いつきで使っていたのでは貯まりません。
技術力で出世するのではなく世渡り上手で出世。

>補正オプション

std:バランスをとり、数秘のもつ性質の弱点を補正。複数の考えがたまに自己矛盾を引き起す場合もあるが,現実に幅広く適応できる。初心者向き(謎)。 

全部とは言わないまでも、かなりの部分当たってます・・・・。

「頭の回転も速く、何かあっても臨機応変に対応してみせます。」 ←だったらいいんだけど(笑)。

「好奇心旺盛で多趣味です。」 ←ぎゃっ、なんでわかるの~?

「十年に一度ほど、精神的にダメダメになる事がある」 ←ふだんめったに落ち込まない私が、2年前父親が亡くなった後、半年ぐらいダメダメだったんですよ~。次は8年後?(笑)

この占い、友達といろんな人の生年月日を入れては盛り上がりました~。

ぜひお試しを。

| | コメント (10)

2006年9月 7日 (木)

あひるのジマイマのべビールーム(1)

先月女の子を出産した姪へのお祝いに、ベビールームを作ろうと思っています。

ピーターラビットのおはなしに登場するあひるのジマイマの壁紙が1枚だけ手元にあったので、それを使うことにしました。

床や壁にするシナベニヤは、東急ハンズでカットしてもらっていたし、ひのき棒も揃っていたので、急いでハウスを作りました。

| | コメント (0)

予想外です・・・・。

「予想外です。」ってCM、好きなんですよ~。特に「予想GUY]と園児達の「お砂場篇」。

ま、それはいいとして、こちらも予想外の展開がありまして~。

制作中の「アンティークショップ」に使おうと思って、DDLカタログ(ディーズデライト社というアメリカの会社が発行しています)から、あるものを注文していたのですが、到着予定日を過ぎても届かないので、輸入代行してくれているお店に問い合わせてみたところ、次のような返事が。

ご連絡が遅くなり申し訳ございません。

入荷待ちを致しておりますが、
先月、突然DDLのオーナーが代わり、会社も移転していると、
連絡がきましたが、ただ今、連絡がとれない状態になっております。
入荷状況わかり次第ご連絡致します。
もし、お待ち頂けない場合はキャンセルをお願い致します。

ご迷惑をお掛け致します。

ややっ、そういうことだったのか~。

他のもので代用、ということも考えられるのですが、別に急ぐわけでもないので、もうしばらく待ってみようと思います。

アンティークショップ、完成間近で頓挫・・・・。

私のことはいいとして、業者さんたいへんですよね~。DDLからミニチュア輸入しているお店、他にもいくつかあると思うので・・・・。

早く連絡がとれるといいですね。

| | コメント (2)

2006年9月 6日 (水)

NHK「おしゃれ工房」フェスティバル

0906osharekobo NHKで放送中の「おしゃれ工房」の展覧会に出かけてきました。会場は松屋銀座8階大催場。

今回の展示は、ナチュラルライフを提案している青柳啓子さん、『小さな花の押し花』の大沢節子さん、先ごろ『ちいさな刺しゅう』を出版された佐藤ちひろさん、パッチワークのこうの早苗さんなど、好きな作家さんが多かったので、楽しみにしていました。

会場が広い上に展示の仕方にも工夫がこらされて、とてもよかったです。初日だからか、各コーナーでご本人のお姿も拝見することができました。

そのほかにも、今回はテキスト500号記念とかで、「ウェディング」というテーマに沿って、過去に出演された方30名の作品が展示されていました。

物販のコーナーも充実。日頃お店では手に入りにくい手芸材料や書籍が販売されていました。

会期は11日(月)までです。

| | コメント (2)

2006年9月 5日 (火)

ホームページが・・・・

ドールハウスと押し花絵を紹介している「Mutuko in Wonderland」という私のHPをご存知の方も多いと思いますが。

このHPは、市販のソフトではなく、パソコンに最初から入っていたniftyの「Start!@homepage」というソフトを使って作成したものです。

画像や文章を入れる場所を自由にレイアウトできないとか、ページ間にリンクが張れないなど不都合もあったのですが、システムが単純なだけに、パソコン初心者の私にも簡単に作れて更新も楽なので、気に入ってずっと使ってきました。

それが、先日久しぶりに配信元のページを開いてびっくり。次のようなお知らせが。

平素は、アット・ニフティをご愛顧いただきまして、誠にありがとうございます。大変申し訳ございませんが、 「Start! @homepage」は、2005年11月7日(月)をもちまして、提供を終了させていただきます。
現在、「Start! @homepage」をご利用いただいているお客様につきましては、2005年11月30日(水)14時までご利用いただけます。

ご愛顧いただいた皆様には厚くお礼を申し上げるとともに、ご不便をおかけいたしますことを深くお詫び申し上げます。

お、終わってるよ~。

でも、何の問題もなく今でも更新できているのはなぜ・・・・?

ソフトがすでにダウンロードされてるから大丈夫なの?

わけがわからないのですが、この先HPが突然消えてしまうと困る!!

かと言って、HPの全ての内容を、別のソフトに移し変えるのはたいへんだし・・・・。

というわけで、とりあえずはこのblogを最大限利用して、HPの内容を徐々に移行していくことにしました。もちろんHPの内容は今のままで、この先も可能な限り更新していくつもりですが。

手始めに、右サイドバーの「マイフォト」に洋風ドールハウスの画像を入れてみました。今後、和風ドールハウス、押し花絵などのアルバムを作っていく予定です。

本文だけでなく、サイドバーも時々見てくださいね~。

| | コメント (6)

2006年9月 4日 (月)

パーチメントクラフトレッスン(5)ーBasic A⑤ー

初めての立体作品。ギフトBOXを作りました。

金色にだいぶ慣れてきました。ペンを立てて描くのがコツのようです。

花の輪郭は金色のシールを貼っています。

「イージーグリッド」(網状の板)と「アローツール」(針)を使って、「パーフォレイティング」(穴あけ)をしましたが、面積が大きくてたいへんでした。目が痛くなってきます。

| | コメント (0)

2006年9月 3日 (日)

アンティークショップ(22)

看板を作りました。

馬の絵はデカール、文字にはアルファベットマカロニを使いました。

マカロニを少しずつ出しながら、必要な文字を拾い上げていくのですが、Nだけがなかなか見つからず。結局、こんなにたくさんの中からやっとひとつ見つけ出しました。

アルファベット26文字・・・・すぐに揃いそうで、揃わないんですよ~。

| | コメント (2)

復旧しました。

メールソフトの不具合ですが、ようやく復旧いたしました。

原因は迷惑メールとブラックリストにありました。

出会い系サイトへの勧誘やセールスなどの迷惑メールが毎日たくさん届くので、再度受信しないよう「ブラックリスト」を設定していたのですが、そのリストが飽和状態になったようです。リストにないメールまで削除されるようになってしまいました。

「これ以上追加できません。」というお知らせがなかったので、入れ続けていたら、ブラックリストには、いつのまにか数百(もしかして数千)というメールアドレスが入っていたようで。それらをひとつずつ解除して、リストを空にしたら、メール受信できるようになりました。

いかがわしい業者がなんと多いことでしょう。こういう業者が氾濫するということは、それだけ利用者もたくさんいるということ?変な世の中ですね。

再度メールを送信してくださっても届いてないケースがあるかもしれません。

数日しても返信がないという方、お手数ですが、ご連絡おねがいいたします。

ご迷惑をおかけして、すみませんでした。

| | コメント (4)

おわびとおねがい

昨晩からメールソフトに不具合が生じており、受信したメールが未読のまま何通か流れてしまっています。

Mutukoにメールをくださった方がいらっしゃいましたら、たいへんお手数ですが、再度、HPの掲示板またはblogのコメント蘭にご連絡ください。

ご迷惑をおかけして申し訳ございません。よろしくおねがいいたします。

| | コメント (0)

2006年9月 2日 (土)

アンティークショップ(21)

注文していたアクリルケースが届いたので、その大きさに合わせて土台を付けました。

最近気に入っているのが「A&Cペーパー」。自然素材がシートに貼り付けてあります。

「Orchid Cafe」では「スプルース」(木粉)という薄い色を使いましたが、今回は「紅茶」。本物の紅茶葉が貼り付けてあるらしく、香ばしい匂いがします。うふっ。

興味のある方はこちらで見てね。http://www.a-and-c.jp/

土台はこれでバッチリ!と思ったら・・・・

後ろが開きません。これじゃ、配線をいじれない・・・・。あちゃ~。

縁取りにしていたひのき棒を一部カットして、開くようにしました。

| | コメント (0)

2006年9月 1日 (金)

『UDON』

フジTVが制作した話題の映画を観てきました。

観客動員数を見越して、大きなシアターに割り当てられていたわりには、お客さんガラガラ。しかも今日はファーストディなのに・・・・。ちょっと残念。

笑いあり涙あり。うどんをテーマにしたハートフルコメディでした。ユースケ・サンタマリアの軽妙さがよかったです。ユースケのお父さんの幽霊も感動的でした。(ごめんなさい。ちょっとネタばれしちゃいましたね。)

でも、2時間20分、途中で長いなぁと思ってしまいました。

全体としては、まあ、よかったかな。そんな感じ。

実は、讃岐うどんには、個人的にとてもいい思い出があるのですよ~。

ずいぶん昔の話ですが。四国の某大学を受験するため、ひとりで海を渡った18歳の私。(きゃ~、今の姿からは想像もつかない・・・・。)

当時はまだ瀬戸大橋なんかなくて、岡山の宇野と香川の高松とを結ぶ「宇高連絡船」という船に初めて乗り込みました。

そこで、ひとりのおばあさんに出会いました。もう顔もおぼえていないし、船の中でどんな話をしたかも忘れてしまったのですが。親切な人で、「初めて四国に来たのなら、ぜひ食べて。」と、連絡船を降りてから、食堂で讃岐うどんをごちそうしてくれたのです。

お礼はもちろん言ったけれど、気のきかない私は、そのとき、住所もお名前も聞かず、そのまま別れてしまいました。

今だったら、見ず知らずの人に突然うどんをごちそうになるなんて、考えられないですね。のんびりとした、いい時代だったのかも~。

残念ながら、そのとき受験した大学には落ちてしまいましたが、親切なおばあさんのことは、心温まるいい思い出です。

*補足・・・・『UDON』では、普通なら見つけられそうにない住宅街の中のうどん屋さんや製麺所が次々出てきて楽しいです。登場するお店の人は役者さんじゃなくて、全部ほんとの人だそうで、ドキュメンタリータッチなのがいい!!

| | コメント (2)

フルートレッスン(10)

きゃ~、レッスンももう10回目~。10回分(お月謝2万円分!)上達したかしら、私。

ってついつい考えちゃうのは、大人の習い事ならではですね。子どもの時はそんな事考えもしなかった・・・・。

でも、すごく苦しい時期は脱出したような気がします。だいぶ楽に音が出るようになり、童謡や唱歌のように簡単な曲なら吹けるようになってきたので。

レッスンで「はい、もう一度~」って言われる回数も減りました(笑)。

ハ長調→ヘ長調と経験してきて、ト長調に進みました。

低音が出にくくてややつまずいてます。がんば。

| | コメント (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »