« 皆川良一CRAY ART展 | トップページ | 『ゲド戦記』 »

2006年8月 1日 (火)

高校個人面談

昨日の午前中は、個人面談で長男の学校に出かけていました。

最近の彼は、結構勉強もがんばっているので、特別な話はなく、大学入試を視野に入れた決意の夏休みになるようにとの、一般的なお話だけでした。

3年前、中1の面談を思い出すと、よくここまでこれたなぁと、親としては感慨深い(笑)。

というのも、中学入学したての頃の彼の成績は、まさにどん底状態。担任の先生からは「中学のあいだはいいにしても、このままでいくと、高校の勉強についていけなくなって、高校中退の危険がある。」とまで言われていたのでした~。

成績だけでなく、彼の態度や雰囲気が、高校になって学校を離れていく生徒たちに似ているというのです。

1)提出物の提出状況が悪い。

2)授業中、よく寝る。

3)萎縮している感じで、覇気がない。

この3つの要素がそろっているそうで。

担任は泉 麻人ばりの童顔ながら、今どき珍しい「熱血教師」という感じの人で、熱心さと面倒見のよさには定評があったのですが、いくら出来が悪い子とはいえ、中学に入ったばかりで、高校中退の話をされるとは・・・・・。

話を聞いた私は、落ち込むというより、「出会って数ヶ月、しかもこんなに若い(30代)担任に、うちの子の何がわかるっていうのよ~!!」と、TVドラマに登場する母親のように、ものすごく腹が立ってしまったのでした。

これだけのことを言われても、当時、本人はたいして気にもしていないふうだったのですが、彼は彼なりに考えるところがあったのでしょうか。

その後、自分にとってハードすぎた部活を、少し軽い運動部に切り替えたため、授業中の居眠りがなくなり、成績も徐々に上がってきました。中学生活にも慣れてきたためか、友達関係もよくなってきたようで、小学生の頃のように元気な顔が見られるようになってきました。

その間、親が何をしたわけでもなかったのですが、子どもって変わっていくんですね。

「長い目で見ることが大事。」ってよく言われますが、こういうことなのかなとふと思うこの頃です。

|

« 皆川良一CRAY ART展 | トップページ | 『ゲド戦記』 »

コメント

いいですね~。うらやましぃ限りです。
我、息子のことについては長い目で見てはいるんですが
長くなりすぎるのも・・・辛い物です・・・
いつ変わるんだろう~このままだとどうなるか
と考えるとすごく不安になる夏休みです・・・・

投稿: rupinus | 2006年8月 1日 (火) 10時43分

rupinusさんへ

うちの場合、上の子は徐々にいい方向にあるんだけど、下の子がね~、これからがんばってほしいところなのよ。
長い目で見てるだけじゃ、全然変わらないってこともあるよね~。その点は私も不安。
夏休み、だらだらせずに過ごしてほしいですね。

投稿: Mutuko | 2006年8月 1日 (火) 13時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 皆川良一CRAY ART展 | トップページ | 『ゲド戦記』 »