« ドールハウスミニミニコンベンション | トップページ | 横浜ベイクォーター »

2006年8月27日 (日)

フラッグフットボール(練習試合)

次男の部活について以前書きましたが、結局本人の意志が固く、アメリカンフットボール部に入りました。と言っても、中学生はまだ防具をつけず、タックルもしない「フラッグフットボール」という競技をやるのですが。

先日、初めての試合のあとで、「お母さん、次の試合はぜひ観に来てください。」と(なぜか敬語で)かわいらしいことを言うので、今日は夫も誘って練習試合を観に出かけました。

場所は「みなとみらいスポーツセンター」、この7月にできたばかりの施設です。

近くでは横浜マリノスの拠点を建設中で、オフィシャルグッズを扱うショップやイタリアンレストランはもう営業していました。

0827frag1 0827frag2 ←人工芝の美しいグランド。

赤いユニフォームがわが子のいるチームです。6月に結成されたばかりなので、メンバーは全員中1。相手校は中2中3生ばかりだったそうです。

結果は18対19で負けてしまいましたが、がんばりましたね~。

わが子が足を少しひきずりながら走っているのが気になるところ。無理をしないといいのですが。

ちょうど今放送中の『24時間テレビ』でも、障害者がスポーツをがんばっている様子が放送されていますが、障害や病気がある場合、ケガや故障のリスクは健常者の何倍も高いので、慎重にやる必要があります。

障害を乗り越えてがんばる姿は美談として語られがちですが、その裏にはきっと、身体のことを考えた緻密な計算があることと思います。がむしゃらにやることだけが強さではありません。わが子には、時には自分の身体のことを考えて、動きをセーブ&コントロールできる、そういう精神的な強さも身に付けてほしいと思っています。

|

« ドールハウスミニミニコンベンション | トップページ | 横浜ベイクォーター »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ドールハウスミニミニコンベンション | トップページ | 横浜ベイクォーター »