« 第8回東京インターナショナルミニチュアショウ | トップページ | 第8回ドールハウスコンテスト(3) »

2006年6月11日 (日)

法事

今日は父親の三回忌と祖母の二十三回忌法要の日で、朝7時に家を出て新幹線に乗り込み、彦根(滋賀県)の実家に帰りました。

子ども達は留守番、夫は出張先の神戸から直行するので、行きは短いながらひとり旅となりました。

新幹線は、座席がゆったりしていてひとりの時間が楽しめるので、結構好きです。列車の揺れに身をまかせてぼーっとしていると、2年前に亡くなった父のことがいろいろと思い出されてきます。

父は実はドラマになりそうなぐらい不幸な生い立ちで、心には屈折した思いを抱えていたことと思いますが、私にとっては、優しくてもの静かないい父親でした。

無口だけど、というか無口だけに、時々話す言葉が妙に真実を突いてるんです。

「親父と冷酒は後で効く」って誰かが言ってましたが、ほんとにその通り。結婚に関して、子育てに関して、父が私にくれたアドバイスは、今でも心に残っています。

私は大学入学とともにひとり暮らしを始め、結婚後も各地を転々として実家とは離れて暮らしていたので、父が亡くなったとしても、自分はきっと大丈夫って思っていたんです。

でも、離れて暮らすことと、本当にいなくなってしまうことって違うんですね。心の中にぽっかり穴が空いて、大きな支えを失ったような・・・・。それは実際に経験してみて初めて味わった思いでした。

2年経って、あのときのショックからは立ち直ったけれど、来週は父の日。プレゼントが買えないのは、やっぱり寂しいな・・・・・。

|

« 第8回東京インターナショナルミニチュアショウ | トップページ | 第8回ドールハウスコンテスト(3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第8回東京インターナショナルミニチュアショウ | トップページ | 第8回ドールハウスコンテスト(3) »