« フルートレッスン(2) | トップページ | 『ダ・ヴィンチ コード』 »

2006年5月20日 (土)

アンティークショップ(9)

家具と手持ちの小物を配置して照明の位置を決め、壁に穴をあけてミニチュアライトを設置しました。

屋根や手すりを先に付けてしまったため、手が入らず、穴あけや配線にひと苦労。

長年制作していて、こんなことも予測できないなんて、おバカなあたし。

↓メインの天井灯は、市販の照明器具(点灯なしタイプ)に麦球を仕込んだものです。鎖を長いものに取り替えました。

↓1階右奥のステンドグラスライトはかんくろうさんからいただいたものです。

点灯すると、いろんな色の光が放射状に出てすごくきれいです。

↓1階左の壁灯は、押しピンについていた天使の飾りに溝付きひのき棒を付けて手作りしました。簡単にできたわりには可愛くてお気に入り。

↓2階左奥のスタンドは、パーチメントクラフトでシェードを作ってみたものです。パーチ専用の紙(厚手のトレーシングペーパー)は、点灯したときの光の透過具合が適度ですごくいいと思いました。

全部点灯するとこんな感じ。

カメラの角度が悪くてあまりよく写ってませんね。すみません。

|

« フルートレッスン(2) | トップページ | 『ダ・ヴィンチ コード』 »

コメント

わー私の好きなアンティークの家だわ~
パーチメントクラフトのかさもいいし
天使も~照明も~実物見たいです~
私もミニチュアにしてもらい住みたいくらい(笑)

投稿: rupinus | 2006年5月22日 (月) 10時15分

rupinusさんへ

そういえば、rupinusさんは洋風アンティークの世界が好きでしたね~。
どんなものをどんなふうに置くか、迷い始めたらきりがなくて、困ってます~。

投稿: Mutuko | 2006年5月23日 (火) 00時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フルートレッスン(2) | トップページ | 『ダ・ヴィンチ コード』 »