« 『博士の愛した数式』 | トップページ | サンシャイン国際水族館 »

2006年2月20日 (月)

次男が中学で履くための靴を作りに、病院へ行きました。

片道2時間ほどかかるのでたいへんですが、病院の中は広い待合室にソファが間隔をあけてたくさん置いてあるので、周りに気兼ねすることなく待っていられるし、会計の前の待合室には、テーブル&ソファのセットでサンドイッチやおにぎりなどの軽食を食べることもできるので、結構快適です。

心身障害児専門の病院なので、たぶん車椅子やストレッチャーが通れるよう、スペースを広くとってあるんだと思いますが、どこの病院でもこんな待合室だったら、きっと患者さんの負担も軽くなるだろうにと、いつも思っています。

ただ、どこにでもある病院ではないだけに、患者数がすごく多いんです。

学校を休ませて連れて来るのがいやで、一度夏休みに診察に来たことがあるのですが、まさに「3時間待ちの3分診察」という状態で、とてもたいへんでした。

中学になったら、そうそう学校を休ませるわけにもいかないので、長期休業中の診察になると思います、今から憂鬱~。

|

« 『博士の愛した数式』 | トップページ | サンシャイン国際水族館 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112372/8758618

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 『博士の愛した数式』 | トップページ | サンシャイン国際水族館 »