« お蕎麦屋さん | トップページ | ごあいさつ »

2005年12月31日 (土)

オカンアート

うふっ、今年の最後の最後にいい言葉を見つけちゃいました。

12月30日付の読売新聞に載っていた「オカンアート」。

―以下、記事より抜粋―

オカンアートという言葉を考案したのは、手芸好きの母親を持つ娘のようだ。2003年3月、インターネットの匿名掲示板に専用コーナーを設置した。「油断してるとドンドン増えるオカンの芸術作品について語り合いましょう」と呼びかけ、「まずは私から」と、母親が軍手で作ったブタの人形を紹介した。

 これが反響を呼んだ。「うちにもある」と書き込みが続き、作品の写真を載せる人も。キューピー人形に着せる毛糸の服や、せっけんに虫ピンをビッシリ刺してリボンで飾った白鳥、電話機カバーなど。(中略)

「みんなおもしろがって書き込んでいますが、根底にはオカンへの愛がある。気持ちはうれしいけど、ちょっとセンスが・・・・・というやり場のない感情を共有できるのが楽しい」と話す。 

―抜粋 終わり―

2ちゃんねるの「オカンアート」専用掲示板はこちら。

http://www.geocities.co.jp/Foodpia/2512/okanart/

「オカンミュージアム」には作品がいっぱい。

息子よ、投稿だけはしないでくれたまへよ・・・・(笑)。

|

« お蕎麦屋さん | トップページ | ごあいさつ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112372/7917389

この記事へのトラックバック一覧です: オカンアート:

« お蕎麦屋さん | トップページ | ごあいさつ »