« 藍について | トップページ | アニマルカードスタンド »

2005年11月 2日 (水)

ピアノ調律

11-2piano 今日はピアノの調律師さんに来ていただきました。

姉が結婚するときに、共同で使っていたピアノを持って行ってしまったので、そのときに買ってもらったピアノです。毎年欠かさず調律や調整を続けて大切に使ってきたつもりですが、20年以上も経つと、さすがにあちこち不具合が出てきますし、音も狂いやすくなってくるので、年に一度の調律が待ち遠しくてなりません。

今回は、弾いているときに、打鍵が弱いと、たまに出ない音があり、気になっていました。見てもらったところ、一部鍵盤が下がっていたとか。きっと素人目にはわからないようなわずかなズレなんでしょうけれど。幸い、簡単な調整で元通りになったようです。

長く使っている楽器には愛着があるのと、何よりも経済的な理由で、買い換えることは極力避けたいので、これからも手直ししつつ、長く使っていきたいと思っています。

私のピアノはYAMAHAのW-102Bという器種で、「アメリカンウォルナット」という木です。購入当時は「さくら」や「マホガニー」「けやき」など、他にもたくさんの種類の木目があったのに、YAMAHAで生産が続いているのは、このウォルナットだけです。成長の遅い木や保有数の少ない木の伐採を控えているためだと聞きました。森林資源は今や枯渇の危機にあります。

ピアノを1台生産するためには、たくさんの木が必要です。

今、ピアノをお持ちの方々、どうかそのピアノを末永く大事になさってください。

|

« 藍について | トップページ | アニマルカードスタンド »

コメント

こんばんは! Mutukoさん!
ドールハウスの本を出版されたそうでおめでとうございます^^
なんと、サラダさんの旦那様が撮影されたという事で、2重の驚きです~!
ちょこっとサイトで写真を見ましたが、作品も写真もとっておよかったです^^=
Mutukoさんちが近かったら、お教室に行きたいなぁ!
そうそ、今年のギルドはどうされるんですか?
また皆でランチでもしながらざっくばらんに楽しくお話できると嬉しいです~♪

投稿: ばにゑ | 2005年11月 2日 (水) 22時32分

ばにゑさんへ

おいでいただき、ありがとうございます。
そうなんです。
カメラマンを探していたときに、ふと相馬さんのことを思い出し、ダメもとでメールでお願いしてみたところ、快くおひきうけくださったのです。
さいたまから横浜のわが家まで高速飛ばして来てくださいました。
素敵な写真を撮っていただいて、感謝です。

ばにゑさんが私の教室へ?!
いえいえ、私のほうが習いに行きたいぐらいですよ~。

ギルドは今のところKotoさんと初日に行くつもりです。
お会いできるとうれしいな~。

投稿: Mutuko | 2005年11月 3日 (木) 00時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112372/6856187

この記事へのトラックバック一覧です: ピアノ調律:

« 藍について | トップページ | アニマルカードスタンド »