« ドールハウス教室(2005/7/7) | トップページ | プリザービング・フラワー »

2005年7月 8日 (金)

オカリナレッスン見学記

7-8ocalinaオカリナは小学生の頃から吹いている愛着のある楽器です。

機会があれば習いたいとずっと思っていたので、今日は近くのカルチャーセンターに見学に行きました。

先生は年配の男の方で、白ブラウスに紫のパンツ&おそろいのターバン(?)といういでたち・・・・。生徒さんは私より全員年上かなと思われるおば様方6名。

オカリナには音程の違いでC管、F管、G管と3種類ありますが、教室で使われていたのはC管(写真下)でした。

一緒に吹いてもいいと言われたので、練習に入れていただくことにしました。

軽い音出しとスケールの後、曲の練習に入りました。

曲目は「アメイジング・グレイス」「遠い世界に」(なつかしい・・・)「野に咲く花のように」

楽譜がなんとB4判、おたまじゃくしもたいへん大きいです。年配の生徒さんにもよく見えるようにとの先生の配慮。

曲と曲のあいだに先生のおしゃべりをはさみながら、練習はゆっくりと進んでいきます。

ピアノやエレクトーンのレッスン、ブラスバンド、オーケストラetc.音楽については結構厳しい世界にいた私にとって、こんなにゆったりとしたレッスンは初めてです。少し物足りないような気もしますが、間違えても怒られたり冷たい目で見られないのはいいです。安心して音が出せます。

最後の曲では、2パートに分かれてアンサンブルもしました。グループレッスンの醍醐味はやはりアンサンブルですね。

終わったあと、先生から「どこで習っておられたの?」と聴かれました。「自分で吹いていただけです。」「そのわりにはよく指がまわっていたね。」「クラリネットを長く吹いていたので。」

でも、ピアノ教師であることは恥ずかしくて言えませんでした~(笑)。

誰かと一緒に音楽を楽しむというのは久しぶりだったので、なんだかとても楽しくなって、帰りはスキップでもしたいような気分でした。

次回からしばらくレッスンに通ってみます。

|

« ドールハウス教室(2005/7/7) | トップページ | プリザービング・フラワー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112372/4880320

この記事へのトラックバック一覧です: オカリナレッスン見学記:

« ドールハウス教室(2005/7/7) | トップページ | プリザービング・フラワー »