« 造花じゃないの | トップページ | 『マラソン』 »

2005年7月20日 (水)

作品の撮影

作品集を出版する準備をすすめていることは以前に書きましたが、撮影をお願いしていた相馬正人さんがわが家にいらしてくださいました。

相馬さんは相馬幸恵さん~ドールハウス作家であり、『木もれ日のアトリエから』の著者~のご主人です。幸恵さんの制作されたミニチュアやドールハウスを、いつも素敵に撮影されています。

ドールハウスは、作品を戸外へ出して自然光で撮影するのがいいとのこと。このところ、強い雨が降ったり、急にかんかん照りになったりと不順な天候が続いていましたが、今日はさほど暑くもなく、薄日が射す程度の絶好の撮影日和となりました。

7-20soumasan まずはドールハウスの撮影から。

「ガーデニングショップ」を庭に出し、大きなレフ板を使いながらパチリパチリ。私もブログのために後ろからパチリパチリと撮らせていただきました(笑)。

気さくな優しい方で、撮影しながら、幸恵さんが『TVチャンピオン』に出場されたときの話やホームページ作りの話、音楽の話などもしてくださいました。(こちらは撮影を見守るだけで暇なので、つい口が動いてしまいます・・・。)

押し花の額は室内で撮っていただきました。額のガラスに光が反射するので困ります。でも、花色を保つよう真空に密封されているため、ガラスをはずすことができません。斜めから撮ったり、ライティングを変えたりしてなんとか撮っていただきました。「せっかくの作品だからねえ。」と何度も言ってくださったのが嬉しかったです。

7-20soumasan2ドールハウス5点、押し花絵2点、 作品の数が多いので1日で撮れるのか心配しましたが、朝9時すぎから午後3時半ごろまで、お昼ご飯以外はぶっ通しで撮影してくださいました。すごい集中力に驚きました。

現像が上がるのが楽しみです。相馬さん、ありがとうございました。

|

« 造花じゃないの | トップページ | 『マラソン』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112372/5065940

この記事へのトラックバック一覧です: 作品の撮影:

» 作品の撮影 [気ままなルピナス]
いよいよ撮影に入ったんですね。楽しみにしています。 作品の撮影といえば、今日、スクラップブッキング講座の一つで(デジカメで失敗しない写真の撮り方) にいってきました。 やはり小物や作品はやはり自然光でとるのがいいと言ってました。 直射日光があたらない曇りのほうがよくて、もし光と影のコントラストが強すぎる時は 半透明なビニール傘を使って和らげるとよいそうです。 いままでなんにも考えないで撮ってたので大変参... [続きを読む]

受信: 2005年7月22日 (金) 22時36分

« 造花じゃないの | トップページ | 『マラソン』 »