« 病院へ(2005/7/4) | トップページ | 『ナタリーちゃんのフレンチ雑貨』 »

2005年7月 5日 (火)

『植物画世界の至宝展』

今日も電車を3つ乗り継いで出かけてしまいました。

7-5shokubutuga 行き先は上野、東京藝術大学大学美術館。知り合いのトールペイントの先生と一緒に、リアルな植物画をたくさん観てきました。

「ボタニカルアート」の展覧会は以前に行ったことがありましたが、そのときはただ絵のリアルさに驚くばかりでした。

今回の展覧会では、500年にもわたる植物画の変遷をわかりやすく展示してあったので、一見同じように見える植物画も、印刷や写真技術の発達と深く関連して、時代によって変化していることがわかりました。

ブドウやベリー類、パイナップルやイチジクなどフルーツを描いたものが特に気に入りました。おいしそうだから(笑)

写真が普及した現代にあっても、尚、植物画が標本を正確に選別するために実際に使われていること、また質の高いアートとしての地位を保ち続けていることに感動をおぼえます。

別室に展示されている『柴田是真(しばたぜしん)-明治宮殿の天井画と写生帖ー』も同時に観ることができました。天井を正方形に区切ったひとつひとつに、丸くデザインされた植物が描かれています。その数なんと112枚。

明治宮殿は昭和20年に戦火によって消失していますが、残された下絵が貴重な資料となって芸大美術館に保管され、今回の公開となりました。

『千と千尋の神隠し』の「油屋」の基となった「目黒雅叙園」でも、同じ形の天井画を観ることができます。

7-5tokyogeidai 写真は隣接の東京藝術大学のキャンパス。古いレンガにツタがからまって素敵な雰囲気です。

7-5ameyoko 美術鑑賞のあとは「アメ横」をぶらぶら。

乾物屋さん、魚屋さん、アーミーグッズの店、靴屋さん、洋服屋さんetc.いろんなお店が連なっていて、見て歩くだけでも楽しかったです。

|

« 病院へ(2005/7/4) | トップページ | 『ナタリーちゃんのフレンチ雑貨』 »

コメント

はじめまして。トラックバックさせていただいたYoshinoと申します。この展覧会をキーにブログ検索してこちらに参りました。偶然にも同じ日に会場に行っていたのと、「最近の記事」に私が行かれなかった「藤原道山LIVE」があったのでびっくりしました。LIVEの様子もわかってうれしかったです。
また伺います。

投稿: Yoshino | 2005年7月 6日 (水) 12時14分

Yoshinoさん、ようこそいらっしゃいました。
私も先ほど伺ってきました。
押し花のお仕事されているのでびっくりしました。
ピアニストの妹尾 武さんのお名前も。
いろいろ共通点がありそうですね。
またこちらからも伺いますね。

投稿: Mutuko | 2005年7月 6日 (水) 12時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112372/4840124

この記事へのトラックバック一覧です: 『植物画世界の至宝展』:

» 「植物画世界の至宝展」に行ってきました [carte postale]
「植物画世界の至宝展 英国が誇るボタニカルアートの至宝本邦初公開!」について 植物の識別のために描かれているため、一般の植物絵画とは異なる緻密な植物画でした。 1枚の絵に花と果実、解剖図などがさまざまな視点から捉えた絵が盛り込まれています。... [続きを読む]

受信: 2005年7月 6日 (水) 11時55分

« 病院へ(2005/7/4) | トップページ | 『ナタリーちゃんのフレンチ雑貨』 »