« 秋葉原へ | トップページ | プラムの収穫 »

2005年6月26日 (日)

『コーラスのつどい』

近くのホールで、区内で活動しているコーラス団体が一同に会したコンサートが行われ、友達が出演するというので、聴きに出かけました。

6-26cholas 最初は、18団体総勢200名あまりによる全体合唱「大きな古時計」、やはり人数が多いだけあって圧巻でした。

友達が所属しているのは、NHKの幼児番組『お母さんと一緒』で、以前、歌のおねえさんをなさっていた しゅう さえこさんという方が発足されたコーラス団体です。

6-26cholas-happytime 1曲目が南アフリカのフォークソングなので、全員が槍を持っての登場。太鼓(ボンゴ?)やマラカスのリズムも入って楽しい演奏となりました。

他にも、ゴスペルのグループや児童合唱団のかわいい子供達、介護付き高齢者マンションのサークルのおばあさま方の団体と年齢層も広く、個性的な団体がいっぱいで、コーラスの幅広さに改めて驚かされました。

「人間の声は最高の楽器だ。」ということばが実感できる楽しいコンサートでした。

|

« 秋葉原へ | トップページ | プラムの収穫 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112372/4716645

この記事へのトラックバック一覧です: 『コーラスのつどい』:

« 秋葉原へ | トップページ | プラムの収穫 »